製造会社が考えるアクリルスタンドの魅力とは?作り方や効果的な使い方も紹介

  • アクリルスタンドの魅力ってなに?」
  • 「アクリルスタンドの効果的な使い方ってどうすればいいの?」

 

そんなアクリルスタンドに興味や関心をお持ちの方に、今回は下記の内容について紹介します。

 

  • アクリルスタンドとは?概要について解説
  • アクリルスタンドの魅力
  • アクリルスタンドとアクリルフィギュアの違い
  • アクリルスタンドの効果的な使い方
  • 自分でアクリルスタンドを作る方法
  • アクリルスタンドを制作する上でのポイント
  • 自分でアクリルスタンド制作するメリット
  • 自分でアクリルスタンド制作するデメリット

 

本記事を読めば、アクリルスタンドの魅力や作り方を知れ、自分でも簡単に制作することができるでしょう。

 

後半では、アクリルスタンドを自分で制作するメリットや、デメリットについても紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

 

そもそもアクリルスタンドとは?

アクリルスタンドとは、アクリル板を使用して制作する、オリジナルグッズを言います。

 

アクリルスタンドは、アクスタとも呼ばれ、近年キャラクターをモチーフに、自分だけのアクリルスタンドを制作する人が増えています。

 

アクリルスタンドには、制作することでさまざまな魅力や、使い方があります。

 

自分だけの特別なアクリルスタンドを制作するためも、以下の内容について確認しましょう。

 

アクリルスタンドの3つの魅力

アクリルスタンドの魅力はたくさんありますが、代表的な3つについて紹介します。

 

  • 耐久性が優れている
  • 実用性が高い
  • 自社のPR効果

 

アクリルスタンドは、一度制作すればさまざまな用途で使用でき、持続的に活用できるのです。

 

ここからは、具体的にそれぞれの魅力について紹介します。

 

耐久性が優れている

アクリルスタンドは、耐久性が優れている魅力があります。

 

アクリルスタンドの素材である、アクリル樹脂版は、水族館の水槽にも使用されており、簡単に壊れることがありません。

 

例えば、美ら海水族館のジンベエザメの水槽にも使用されており、耐久性が高いことが分かるでしょう。

 

当館へ遊びに来た際、大きなジンベエザメや優雅に泳ぐマンタに夢中で、ある場所を見逃していませんか?

それは、「黒潮の海」大水槽で実際に使われている巨大なアクリルガラス!

引用: 美ら海水族館の美ら海だより

 

そんなアクリル樹脂板を使用し制作するアクリルスタンドは、耐久性が良く、長持ちする魅力があります。

 

実用性が高い

アクリルスタンドは、さまざまな用途で使用でき、実用性の高さに魅力があります。

 

例えば、アクリルスタンドは下記の用途で、使用されることがあります。

 

  • 社内のイベント景品
  • 自社のプロモーション
  • アクセサリーやインテリアの一つ

 

アクリルスタンドを家に飾るだけで、雰囲気が変わったり、カバンのアクセサリーとして使用することもできるのです。

 

またアクリル樹脂板は、水族館のガラスだけでなく、看板やディスプレイなどにも使用されており、日常的なシーンでも見かけることができます。

 

このようにアクリルスタンドは、実用性の高い魅力があるのです。

 

自社のPR効果

アクリルスタンドは、自社のPR効果として魅力を発揮させることもできます。

 

例えば、アーティストのライブグッズや会社のキャラクターとして、アクリルスタンドは制作されます。

 

一つに商品としてアクリルスタンドを制作し購入すれば、購入者の記憶に残りやすく、認知度の向上になるのです。

出典: 日本キーホルダー工業公式サイト

出典: 日本キーホルダー工業公式サイト

 

認知度が向上すれば、自社の売り上げも上がりやすく、アクリルスタンドは魅力があると言えるでしょう。

 

このようにアクリルスタンドは、自社のPR効果を促進してくれます。

 

アクリルスタンドとアクリルフィギュアの違い

アクリルフィギュアは、アクリルスタンドの種類の一つであり、アニメやゲームのキャラクターを象ったフィギュアのことです。

 

そのため、アクリルスタンドとアクリルフィギュアには大きな違いはなく、人によっては同じものと捉えられることもあるのです。

 

アクリルスタンドには、アクリルフィギュアやアクリルキーホルダーが、種類としてあげられます。

 

実際に、Web上で「アクリルスタンド」と「アクリルフィギュア」を検索しても、似たようが画像が表示されます。

 

〜アクリルスタンドの画像検索結果〜

出典:Google

 

〜アクリルフィギュアの画像検索結果〜

出典:Google

 

アクリルスタンドの効果的な使い方

アクリルスタンド効果的な使い方には、下記の3つがあげられます。

 

  • 社内のイベント景品
  • 自社のプロモーション
  • アクセサリーやインテリアの一つ

 

このようにアクリルスタンドは、プライベートだけでなく、企業単位で活用することもできるのです。

 

ここからは、具体的にそれぞれの効果的な使い方について、紹介します。

 

社内イベントの景品

アクリルスタンドは、社内イベントの景品として使われることがあります。

 

企業によっては、お花見や新年会、誕生日会などさまざまな社内イベントを開催しているでしょう。

 

アクリルスタンドは、そんなイベントの景品として活用する企業が多いです。

 

アクリルスタンドは、簡単は誰でも簡単に制作でき、最低限のコストしかかかりません。

 

そのため、単に景品としてだけでなく、社内のメンバーと一緒に制作し、信頼関係を構築させるきっかけも作れるのです。

 

このようにアクリルスタンドは、イベントの景品や社内メンバーの関係作りにもぴったりと言えるのです。

 

自社のプロモーション

アクリルスタンドは、自社のプロモーションにも活用可能です。

 

先ほども紹介した通り、アクリルスタンドは商品として販売することで、自社の認知度拡大を目指すことができます。

 

プロモーションなどの販売促進は、企業において欠かせないマーケティング手法であり、近年注目を浴びている傾向にあります。

 

実際に、アーティストのライブにとっては、アクリルスタンドを商品の一つとして販売することも珍しくありません。

 

  • 「自社にブランドとして、キャラクターがいる」
  • 「オフラインでプロモーション活動を始めたい」

 

上記のような考えをお持ちの方は、アクリルスタンドを制作すべきと言えるでしょう。

 

アクセサリーやインテリアの一つ

アクリルスタンドは、個人的なアクセサリーやインテリアの一つとして、制作できます。

 

アクリルスタンドを家に飾ったり、置いたりすることで、雰囲気は大きく変わります。

 

また、キャラクターなどのアクリルスタンドであれば、理想的な推しと一緒の生活を送ることもできるのです。

 

  • 「アニメが趣味で大好き」
  • 「お洒落な家にしたい、家の雰囲気を変えたい」

 

上記のような考えをお持ちの方は、アクセサリーやインテリアとして、アクリルスタンドを制作するのもいいでしょう。

 

自分でも作れるアクリル風スタンドの作り方

アクリルスタンドは、自分でも制作することができ、作り方は4つの手順で完結します。

 

  1. デザインを印刷する
  2. デザインに合わせて大枠を決める
  3. プラスチックと一緒にデザインを大枠に合わせて切る
  4. プラスチックとデザインを貼り付ける

 

上記の手順通りであれば、簡単にアクリルスタンドを自分でも制作できます。

 

ここからは、具体的にそれぞれの手順について解説します。

 

デザインを印刷する

まずは、制作したいアクリルスタンドのデザインを印刷しましょう。

 

印刷は、家や自社のコピー機や、コンビニに設置されている印刷機で可能です。

 

デザインに合わせて大枠を決める

デザインの印刷が出来あがれば、デザインの大きさに合わせて大枠を決めましょう。

 

家に置いたり、カバンのキーホルダーとして付けたりと、用途によって、大きさは変わってくるはずです。

 

プラスチックと一緒にデザインを大枠に合わせて切る

次に百均に行って、ハサミやカッターでも切れるような、プラスチックを購入してください。

 

その後、大きさを決めたデザインの大枠に合わせて、プレスチックを切りましょう。

 

切った箇所は、やすりで削ることをおすすめします。

 

やすりで削ることで、プラスチックは丸みを帯び、怪我の防止にも繋がります。

 

プラスチックとデザインを貼り付ける

再度に切ったプレスチックとデザインを貼り付けて、簡易アクリルスタンドは制作できます。

 

貼り付ける際は、ノリやボンドなどで頑丈に固定してください。

 

アクリルスタンドを制作する上でのポイント

アクリルスタンドを制作する上でのポイントは、2つあります。

 

  • 解析度を確認する
  • 制作前に大きさを決めておく

 

ポイントを押さえることで、アクリルスタンドを上手く制作できるのです。

 

ここからは、具体的にそれぞれのポイントについて、紹介します。

 

解像度を確認する

アクリルスタンドのデザインを印刷する際は、解像度を確認しましょう。

 

解像度とは、一言で表すと画像の密度を指し、解像度の値が大きいほど、滑らかな画像として印刷できます。

 

目安として、一般的な印刷物の解析度は350〜400ppiと言われています。

 

もし解析度の値が小さければ、印刷物は荒く、ぼやけた画像となるので注意しましょう。

 

理想のアクリルスタンドを制作するためにも、印刷時の画像は解析度を上げて印刷してください。

 

制作前に大きさを決めておく

アクリルスタンドは、制作前に大きさを決めておきましょう。

 

なぜなら、大きさを決めずに制作すると、大幅な修正をしてしまう可能性があるからです。

 

もしデザインと大枠の大きさがずれていれば、最適なアクリルスタンドを制作できません。

 

アクリルスタンドを個人で制作する際は、最終的にプラスチックとデザインを貼り付ける作業があります。

 

効率よくアクリルスタンドを制作するためにも、大きさは予め設定しておくべきなのです。

 

このようにアクリルスタンドは、大きさを決めた後、制作を始めてください。

 

自分でアクリルスタンドを作るメリット

自分でアクリルスタンドを制作するメリットは、3つあります。

  • 愛着が生まれやすい
  • 完成までの過程を楽しめる
  • 低コストで作ることができる

 

このように自分でアクリルスタンドを制作すれば、コストを抑えて特別な製品が完成するのです。

 

ここからは、具体的にそれぞれのメリットについて紹介します。

 

愛着が生まれやすい

友人に作ってもらったり、企業に依頼して制作するアクリルスタンドに比べ、自分で制作するアクリルスタンドは、愛着が生まれやすいです。

 

自分でアクリルスタンドを制作すれば、デザイン性やキャラクターを自分色に染めることができ、思い入れあるものとなります。

 

もし製品に愛着が生まれると、制作を面倒に感じることなく、大切に保管でき小さな思い出を作ることができます。

 

このように自分でアクリルスタンドを制作することで、愛着が生まれやすいメリットがあります。

 

完成までの過程を楽しめる

自分でアクリルスタンドを制作すれば、完成までの過程を楽しむことができます。

 

アクリルスタンドを制作する方の中には、”ハンドメイド”が趣味の方もいるでしょう。

 

とうぜん制作することは、それまでの過程があり、準備したり苦戦したりします。

 

過程が嫌いで業者に依頼する方もいますが、ハンドメイド好きは自分で制作すべきでしょう。

 

実際に、アクリルスタンドの制作は、制作方法によって、手軽にできるので自分で始めるのもおすすめです。

 

このように自分で制作するアクリルスタンドは、完成までの過程を楽しめるメリットがあります。

 

低コストで作ることができる

自分でアクリルスタンドを制作すれば、コストを抑えられます。

 

アクリルスタンドは、制作する際に用意するものは限られています。

 

また用意するものは、100円ショップで対応可能でしょう。

 

そのため、一つの簡易のアクリルスタンド制作は、1,000円程度で可能なのです。

 

このようにアクリルスタンドの制作は、低コストに抑えられるメリットがあります。

 

自分でアクリルスタンドを作るデメリット

自分でアクリルスタンドを制作するデメリットは、3つあります。

 

  • 本格的に作ると時間がかかる
  • 手間がかかる
  • 質の担保が難しい

 

上記のようにアクリルスタンドの制作は、最低限の手間や時間がかかってしまうのです。

 

ここからは、具体的にそれぞれのデメリットについて確認しましょう。

 

本格的に作ると時間がかかる

アクリルスタンドを本格的に自分で制作する場合、時間がかかってしまいます。

 

おそらく多くの方は、アクリルスタンドの制作方法を知らないでしょう。

 

そのため、まずはアクリルスタンドの制作方法を調べることから始まります。

 

その後、用意するものを買いに行ったり、調べながら制作したり、修正したりすれば、1日はかかるでしょう。

 

「アクリルスタンドの制作に1日かけたくない」

「制作することが面倒臭い」

 

上記のような考えをお持ちの方は、業者に依頼して制作することをおすすめします。

 

このように自分でアクリルスタンドを制作する場合、時間がかかるデメリットがあります。

 

手間がかかる

アクリルスタンドの制作は、時間だけでなく、手間もかかってしまいます。

 

先ほども紹介した通り、アクリルスタンドを制作するまでは、下記の制作フローがあげられます。

 

  1. アクリルスタンドの制作方法を調べる
  2. 準備する(買いに行く)
  3. 調べながら制作する
  4. 上手くいかなければ修正する
  5. アクリルスタンドの完成

 

このように始めてアクリルスタンドを制作する場合、手間をかけることは避けられないでしょう。

 

手間や時間をかけたくない方は、業者に依頼してアクリルスタンドを制作することをおすすめします。

 

質の担保が難しい

自分で制作するアクリルスタンドは、質の担保が難しいでしょう。

 

質が担保できなければ、すぐに壊れたり、景品として顧客に提供する場合はクレームにつながったりします。

 

しかし、業者に依頼すれば制作のプロが完璧な品質で制作してくれます。

 

そのため、業者選びさえ誤らなければトラブルになりにくく、完璧なアクリルスタンドを制作できるのです。

 

このように自分で制作するアクリルスタンドは、質の担保が難しいデメリットがあります。

 

アクリルスタンドは物づくりのプロにお任せ!

今回はアクリルスタンドの制作方法や、自分で制作するメリット、デメリットを紹介しました。

 

一般的にアクリルスタンドとは、アクリル版を使用して制作する、オリジナルグッズを言います。

 

アクリルフィギュアは、アクリルスタンドの種類の一つであり、アクリルキーホルダーも種類の一つに含まれています。

 

自分でアクリルスタンドを制作すれば、低コストで自分色の製品が出来上がるメリットがあるでしょう。

 

  • 時間がかかる
  • 手間がかかる
  • 質の担保が難しい

 

しかし、自分でアクリルスタンドを制作すれば、上記のようなデメリットもあげられます。

 

そんな時は、制作のプロに任せてみることもいいでしょう。

 

日本キーホルダー工業であれば、日本一お客様に優しい制作業者として、アクリルスタンドの制作を承っています。

興味のある方は、まずは日本キーホルダー工業公式サイトをご確認ください。

 

キーホルダー以外の制作もお任せください

キーホルダー以外の制作にも興味のある方は、以下サイトをご確認ください。

 

缶バッジ→バッチリ缶バッジ

Tシャツ→推しTeeふぁくとりー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です