手描きのマスコットキャラクターがアクキーに!工芸会ワークセンター様のらびゅキーホルダー

突然ですが、皆さんは手描きの文字やイラストでオリジナルグッズを作ったことはありますか?

手描きのデザインはデータ化した時に思ったようなデザインになるか少し心配‥という方もいらっしゃるかもしれません。

本日は手描き作品から生まれたアクリルキーホルダーをご紹介します。

障害者支援施設 工芸会ワークセンター様(@Kougeikai0501)にご依頼頂いたアクリルキーホルダーです!

にっこり笑った手のデザイン。

そして、おなかの部分には「32th」という文字があります。

こちらのマスコットキャラクターの名前は「らびゅ」

らびゅが生まれた背景をご担当の方に伺いました。

 

”このキャラクターは、
施設利用者の方が描かれたもので、手話の「アイ ラブ ユー」の指文字が基になっています。”

 

もともと手話は言語と同じように国によって異なるのですが、「I love you」は世界共通なのです。

「アイ ラブ ユー」に笑顔、という見ているこちらを幸せな気持ちにさせてくれるような絵ですね。

 

ところで、工芸会ワークセンターはどのような施設なのでしょうか?

 

”障害者支援施設 工芸会ワークセンターは、雇用や地域生活が困難な聴覚・言語障害者が入所または通所され安心して生活していただけるよう、働く場・暮らしの場を提供し、適切なサポートを行う中で社会的な自立を促進することを目的とします。”

障害者支援施設 工芸会ワークセンターHPより)

SNSを拝見していると、利用者の方々の様々な活動、表情を知ることができます。

スポーツ、ゴミ拾い、マルシェやバーベキューなどのイベント‥本当に多岐にわたる活動をされているのですね。

 

施設利用者の方の絵から生まれた「らびゅ」がアクリルキーホルダーになった背景も伺いました。

”今回キーホルダーの製作依頼をさせていただいたのは、私共「障害者支援施設 工芸会ワークセンター」が
令和4年5月で現在の福岡市西区田尻の地に移転・開設して32周年になる為、何か良い記念品を作成したいとの気持ちからでした。

「らびゅ」が誕生したのが令和4年2月のことであり、施設の移転開設記念品として、らびゅのグッズを作ってみたい!というアイデアから、
日本キーホルダー工業様を知り、アクリルキーホルダーの製作を依頼させていただいた次第です。”

 

らびゅのおなかに書いてある「32th」は、施設の開設32周年という意味だったのですね。

32周年、おめでとうございます!

ここで「らびゅ」誕生から、オリジナルアクキーになるまでを実際の画像と共にご紹介します。

まず、らびゅが生まれた時の手描きの絵がこちらになります。

こちらの手描きキャラクターをデータ化してこのようになりました。

 

 

そして、次に文字入れや裏面のデザインを詰めます。

 

そして、裏面と合わせて作成のデータが完成しました。

このような流れで、記念すべき32周年のらびゅオリジナルアクリルキーホルダーが完成しました!

 

実際に仕上がったアクリルキーホルダーがお手元に届いた時のことも教えていただきました。

”キーホルダーを受け取った利用者の皆様からは、
「かわいい!」「すごい!」等の喜びの言葉が多数聞かれました。また、らびゅのお腹の部分に、32周年を記念する「32th」
という文字も入れていただき、とても良いものとなりました。”

改めてご感想をいただき、イメージを形にしていくことの大切さを感じたご依頼でした。

これからも施設の利用者方々や働いている方々の笑顔がたくさん生まれることを祈っております🤗

この度はご依頼ありがとうございました!

 

◆仕様◆

アクリルダイカットキーホルダー
両面印刷
6cm
ナスカン

 

 

手描きのイラストをキーホルダーやオリジナルグッズにしたいと思っている方へ

自分だけのオリジナル商品を作るのはとても楽しいので、仕上がって実際に手にしたときのワクワク&ドキドキ感をあなたもぜひ経験してみませんか??

日本キーホルダー工業は定番のアクリルキーホルダーをはじめ、レコードキーホルダーラバーキーホルダー木製キーホルダーなど、素材のバリエーションも豊富です!

日本キーホルダー工業では、はじめてアクリルキーホルダーを作ろうと考えている方でも、気軽に製作ができるよう、熟練スタッフが一からご説明をさせていただいております。

電話でのサポートも可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL 03-6240-9227

問い合わせはコチラから

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

総合サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。