島﨑良平さんの愛らしいおかめちゃんアクリル根付

こちらは現代浮世絵師 島﨑良平さんからご注文いただいたアクリル根付です。

 

一目見て、「かわいい!!」と叫びました。

島﨑さんの作品からアクリル根付になるために出てきたかわいいおかめ達。

実は以前も一度、島﨑さんは3種類のアクリル根付をご注文下さいました。

(実物がなかったので、イメージ画像を…)

こちらは金色の根付でご注文いただきました。

そして今回は2種類で、デザインごとに根付の色を金色と銀色というご指定でご注文いただきました。
金色根付のおかめちゃんは背中に「笠」をかけて何かを描いています。

そして…

銀色根付のおかめちゃんは背中に「傘」をかけて何かを描いています。

よく見ると、着物の柄も細かく描かれています。

このおかめちゃんたちが見る先には何があるのでしょうか…気になります。

アクリルダイカット(7cm)はつける場所によってさりげなく見せることも、ワンポイントで見せることもできる、身に着けやすいサイズです。
さらに今回は接続パーツを「根付」にすることで、より島﨑さんの作品の世界観とぴったり合っています。

(HPには根付の選択はありませんが、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。お見積もりいたします!)

 

ここで、島﨑良平さんのご紹介をさせて頂きます。
実は島﨑さん、アート界で若手作家として大活躍されている作家さんなのです。

島﨑良平プロフィール

1986年東京都檜原村生まれ。
琳派、浮世絵、江戸・明治時代の日本美術に影響を受け、学ぶ。
主に女性と妖怪・八百万の神、獣、おかめ、身の回りの生物を描いています。
妄想を織り交ぜつつ、生活の中での実感を、自分なりに描きとめたいと思い
作品づくりをしています。今は和紙に墨、アクリル、箔、顔彩を使用した
手描きが中心です。
2007年-2015年頃までは、デジタル(べジェ曲線)を使用し描いていました。

島﨑良平HPより

もともとデジタル画を描いていた島﨑さん。
その大胆で独創的な画風を今は手描きで表現しています。

手描きの作品を発表するようになってからは、衣服の細かな模様がさらに細密になっていて、時に大胆で時に繊細な線は一見の価値ありです。
「現代浮世絵師」とおっしゃるように、歌川国芳などの浮世絵師の作品をオマージュした作品は時にクスッと笑えるユーモアを織り交ぜながら表現されています。

おかめちゃんも作品の中にさまざまな形で登場するので、みなさまもぜひ島﨑さんの展覧会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

島﨑さんの今後の活動予定はSNSをチェックしてみてください♪

 

WEB:http://ryohei-s.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/ryoheishimazaki
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCco0tOS2cSDPX095ZAxxW7Q

 

島﨑良平さん、この度もご利用ありがとうございました!

 

キーホルダー 仕様:アクリルキーホルダー
サイズ:7cm
印刷:片面印刷
接続パーツ:根付

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です