アクリルキーホルダーの注文が増えてきています!

こんにちは。日本キーホルダー工業の佐藤です。6月の2週目が終わり、予定では緊急事態宣言下もあと1週間程度となりました。
2020年の2月頃から全世界に暗雲をもたらした新型コロナウイルスの災禍ですが、世界的にワクチン接種が始まり、このまま宣言が明けて少しずつでも世の中の動きが活発になってくれることを願うばかりです。

多くの人がこのように思っておられる現状かとは思いますが製造業をしていますと製造業をしているなりに世の中の変化というものを感じるものです。

今現在どのような変化を感じているかといいますと、アクリルキーホルダーの制作相談数が顕著に増えてきている”ということです。

具体的な数量はお伝えしにくいのですが、アクリルの注文件数の増加というよりも1件あたりの制作数が増えているという感触を感じています。具体的にどのように変化があったか、少しそのアクリルキーホルダーの制作に関する平均値を計ってみました。

2021年3月のアクリルキーホルダー作成案件の1件あたりの平均製作個数

平均・・・@244個

2021年5月27日~6月10日までのアクリルーキーホルダー作成案件の1件あたりの平均製作個数

平均・・・@298個

平均で54個の違いが出ています。
これは微々たる違いのように感じるかもしれませんが侮るなかれ。

この作成数平均54個の差というのは月にするとアクリルキーホルダーで8000個の程度の差になります。売上金額にすると150万円以上の差。
これは当然アクキーだけの数字でアクリルスタンドもまた作成の相談が少しずつですが増えてきています。

実際に大口アクリル案件全体の相談が増えてきているのを感じています。サイズは今まで5cmアクリルが多かったところから6cmサイズや7cmサイズなどのアクリル注文がが多く、制作の傾向として大きめサイズが好まれる傾向になっているような気がします。
頼まれるアクリル製品のサイズが大きくなるというのも景気の復活を予言しているようで嬉しいものです。
これはつまりイベントなどがずっとできずにいた1年を越えて宣言明けの6月後半からの経済復興を見越して世の中が活動の準備を始めた、ということなのではないかと推察しています。

さらにはやはりこの時期ということもありアクリルアンブレラマーカーの相談もちらほらと増えてきています。アンブレラマーカーは自分の傘が自分のものであるという目印になるようにつけるものです。傘マーカーとも言われ一昨年くらいから人気が増してきています。マイ傘のようなものを持つ人が減っているとも聞いたことがあり、そういった影響もあるのかもしれません。アクリルのボディとシリコンゴムを接続し傘の柄の部分のつけるタイプのオリジナルグッズです。
日本キーホルダー工業では正式にアナウンスをしたことがないにも関わらず相談がくるということは・・・今後注目のアクリルグッズとして準備を整えなくては!かもしれません。

↑アクリルアンブレラマーカーの使用例↑

後日改めて正式にアクリル製のオリジナルグッズとして商品ラインナップに展開しようと思います。価格表はすでにあるのに紹介ができていない案内ができていグッズというものが実はあるのでそこは整理して余すところなく皆さんにお届けできるよう勧めていきたいと思います。乞うご期待!

経営をしている身としては全て世の中の動きに合わせて体制を変えるというよりもさらにその一歩先を見据えていきたいと特にこの1年を経験した今回に関しては強く思います。

本当に苦しめられた人の多かったこの1年ですが、今回こそは少しずつの緩和によりイベントが戻ってくるのではないかと感じられるのです。とりわけ私自身がもともとバンドマンだったこともあり、音楽業界が盛り上がって欲しいというのは個人的にも強く感じています。この数年アーティスト物販用でもアクリルスタンドを中心としたアクリル製品はとても多く作られていますので今後のアーティスト物販用オリジナルグッズ制作を楽しみにしています。

アーティスト向けに新しい物販の一つとして推したい「レコードキーホルダー

このようにアクリルキーホルダーの作成数から実感を伴い世の中の復興を感じられるというのは製造業冥利につきるというか、この仕事をやっていてよかったな、と思えるような出来事でもあります。

オリジナルグッズはスポーツなどのイベントはもちろん、企画提案などもさせていただきます。そして新商品も続々とリリース予定です。

明るい兆しは見えてきています。長く暗いトンネルでしたが出口はもうすぐそこ、あと少し踏ん張ってそこから先は忘れかけてしまっている日常が待っています。

私達の日常を取り戻しましょう。乗り越えましょう!

リアライズではキーホルダー専門ECがもうすぐオープン予定

日本キーホルダー工業の姉妹ショップという位置づけでキャラクターグッズとしてのキーホルダー製品を取り扱いECサイトがほどなくオープン予定。
ここでは有名キャラクターのオリジナルキーホルダーを多数販売する他、日本キーホルダー工業で作成をして下さっているお客様のオリジナルグッズも取り扱う予定です。皆様の活動を支えられる日本キーホルダー工業になれるよう、スタッフ一丸となって開店準備中です。特にこの販売サイト立ち上げにはリアライズ内の若き精鋭達であるインターンチームが躍動してくれています。彼らの優秀さには舌をまきます。

彼らの指揮の元イベント参加を会社としてできたらこれはまた面白い成果が出せるのではないかと思っていたりするほどです。

近々サイト名を発表いたしますのでお楽しみに!

ぜひ首を長くしてお待ちください ^^

2021年秋より法人向け展示会に参戦予定!

こうしたオリジナルグッズ制作を通じて世の中の回復の傾向を感じている中で、株式会社リアライズとして秋の法人向け展示会に参加することが決まりました。
私達をただの製造業の人達と思うなかれ。町工場の人でありながらWEBのことなどにも力を入れているりあらいずが見違えた存在になるよう。
新しい企画担当者様との出会いをもとめています。

という訳で先日オリジナルグッズの総合カタログを制作チームが発足しキックオフMTGが行われました。コンセプトに関して熱い議論が交わされている様をみて工場長として気持ちが熱くなりました。オリジナルグッズの製造の現場はこの1年様々なことがありましたが確実に社内では新しい力が芽吹きその力がお客様に信頼を得られる方向に作用している。そんな確信が持てました。

アクリル製品の依頼がどんどん増えているのも、世の中の動きだけでなく彼らがしっかりとお客様の信頼を勝ち取ってきてくれているからではないか、そのように感じています。

必ず躍動する!

みていて下さいね。

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です