「地元の駅と駅を繋ぐ」オリジナルアクリルキーホルダーたち

皆さんは「駅キャラ」をご存知でしょうか?

最近では様々な駅ごとに独自のオリジナルキャラクターを制作しているケースが増えています。

主に「ゆるキャラ」と呼ばれるタイプのキャラクターが多いのですが、中には東日本旅客鉄道(JR東日本)監修協力の元「JR山手線」各駅を舞台に30人のアイドルのキャラクターが制作され、アイドルプロジェクト「STATION IDOL LATCH!」が始動するなど、多種多様な「駅キャラ」が登場しています。


JR中央線沿線の「駅キャラ」

今回ご紹介するのは、その中のひとつ。

東京都杉並区内のJR中央線沿線にある4つの駅の「駅キャラ」をご紹介します。

JR中央線沿線の隣り合った駅、JR高円寺駅、阿佐ケ谷駅、荻窪駅、西荻窪駅では独自に「駅キャラ」を制作しています。

各駅にはそのオリジナルキャラクターを描いたポスターが飾られるなど、駅利用者の通勤、通学時間を癒やしてくれているのではないでしょうか。

4つの駅の「駅キャラ」は、各駅に勤務する社員の方が地元をイメージしてオリジナルキャラクターを制作したといいます。

だからこそ地元に密着した個性豊かなオリジナルキャラクターが誕生したのかもしれませんね。

キャラクター名は、高円寺駅「Koenzoo」、阿佐ケ谷駅「あさくらちゃん」「たこがやくん」、荻窪駅「おぎドル」、西荻窪駅「ニシオギカエル」と、どれも各駅の特徴をとらえ、愛着がわくキャラクター名が付けられたことがうかがえます。


各駅の周年の記念品として

2021年7月にJR高円寺駅、阿佐ケ谷駅、西荻窪は99周年、荻窪駅は12月に130周年を迎えます。

先日、その周年を記念して、各駅を巡るスタンプラリーが開催されました。

景品にはオリジナルアクリルキーホルダーやオリジナルアクリルスタンドなどが製作され、スタンプを集めた方に贈られました。

しかし、緊急事態宣言発令のため、やむなくイベントは中止せざるを得なくなりました。

そこで、景品だったオリジナルアクリルキーホルダーやオリジナルアクリルスタンドなどを販売することになったといいます。

商品はすべてオリジナル製作で、アクリルキーホルダー(880円)、アクリルスタンド(550円)、ハンドタオル(550円)、トートバッグ(880円)の4種類です。

アクリルスタンドは4つ集め連結し繋げて飾ることができます。

スタンプラリーやオリジナルグッズ販売など、各駅が地元の方や駅利用者に愛されていることを感じます。

緊急事態宣言が解除されたらまた新たなイベントが開催されることを期待したいですね!


当社リアライズでは、そんなオリジナルアクリルキーホルダーやアクリルスタンド製作のお手伝いをいたします!

記念品や贈答品のほかにイラストレーターさんのオリジナルキャラクター、バンドやアイドルの物販グッズ、お店のロゴマークやペットのかわいい写真、スポーツチームのユニフォームなど様々なスタイルにご対応いたします

キーホルダーはアクリルキーホルダーのほかにラバーキーホルダーハメパチ缶バッチキーホルダーと豊富な種類をご用意しています。

アクリルキーホルダーのサイズは3cm〜10cmから選ぶことが出来ます。

オリジナルキーホルダー製作は「何だか難しそう」「データ入稿って何?」「個人でも作れるのかな?」などご心配なことも多いかと思います。

でもご安心ください。

すべてリアライズにお任せください!

専門の担当デザイナーがそんな疑問にお応えし、親身になってお手伝いいたします!!

又、小ロットから製作OKなので、ご予算もお気軽にご相談ください。

なんといっても『必要なのは画像だけ!

そこから先はご相談しながらオリジナルキーホルダー製作を進めさせていただきます。

「こんなに簡単に作れちゃうの!?」と驚かれるお客様も多く、その手軽さからおかげさまで数多くのご注文をいただいております。

最近はキーホルダーのほかにオリジナルアクリルスタンドのご注文も増加しています。

アクリルスタンドとは、通称アクスタと呼ばれるアクリル素材を使った人気の平面フィギュアです。

インテリアとしてお部屋に飾るだけではなく、一緒にお出かけして景色や食事風景と写真を撮って楽しむ方も多いことが特徴です。

なんと!データ制作料金は無料となっています。

日本キーホルダー工業では、キーホルダーやアクリルスタンド製作がメインですが

当社リアライズではオリジナルTシャツプリントやオリジナルトートバッグ製作も承っております。

詳しくは下記リンクをクリック!

まずはお気軽にご相談ください!

>>オリジナルキーホルダー製作はこちら

>>オリジナルグッズ製作MENUはこちら

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

引用元:高円寺経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です