トラとネズミは仲良し?TRATRATアクリルキーホルダー

本日、ご紹介させていただくのはこちら!

 

トラの上にネズミが乗っています‥🐅🐁

 

トラの柄に「TRATRAT」という文字がデザインされています‥👀

 

実はこちら、新宿区にあるアートコンプレックスセンターにて現在開催されているアートショップのロゴなのです。

 

こちらのロゴをデザインされたのはビジュアルアーティストでデザイナーのミック・イタヤ さん。

ミック・イタヤさんはこれまで雑誌「装苑」でのお仕事をはじめ、「UNICLO/ユニクロ」設立とショップ展開の広告などに関わられたり、BEAMSでのデザインのお仕事など、多岐にわたり活躍されている方です。

なぜトラとネズミのロゴなのか。

こちらのショップのコンセプトに書いてありました。

”トラとネズミ
仲好しとは思えない2種類の動物ですが、果たしてそうでしょうか?
世の中にはたくさんの意外な組み合わせが存在します。
「TRATRAT/トラとラット」相反する2つの存在ですが消しゴム付きの鉛筆のように、
お互いにお互いが必要な大の仲好しです。日常生活とARTを考えてみましょう。
アートのある生活は敷居が高いと感じられています。アートの役割は、みんなの日常生活に潤いや優しさを生むこと。
既成概念や視点を変えて、手に取りやすいアート作品を提案し仲良しはもちろん、
トラとネズミのように色々な意味で相反する 人々を結び美を通じて、愛にあふれた未来を創ろうとTRATRATは考えます。

「最新のARTを生活の中に」

TRATRATは生活の中にアートを取り入れる楽しさを提案します。”

日常生活とアートの関係性をトラとネズミで例えていたのですね。

確かに、「アートを生活に取り入れる」と言葉にすると少々敷居が高いように考えてしまいがちですが、実はすでに生活になじんでいるものもありますよね。

カップやぐい呑み、お皿といった食器で手作りの1点ものをお持ちの方、意外と多いのではないでしょうか‥?

 

TRATRATのロゴについて知ることができたので、改めてオリジナルグッズについてご紹介します!

こちらのかわいいロゴデザインのアクリルキーホルダーは5㎝角サイズ。

 

可愛らしく、でもさりげなくデザインを主張するのにちょうどいいサイズ感です。

 

トラの足元には、コピーライトも小さく印字してあります。

日本キーホルダー工業では、こうした小さな文字のコピーライトもつぶれることなくきちんと印刷することができます!

TRATRATというショップブランドが立ち上がったのは2018年。

 

アートコンプレックスセンターは都心では珍しく5つのスペースを持ち、駆け出しのアーティストをはじめ、多くの展覧会を週替わりで開催しているアートギャラリーです。

 

アートをもっと身近に感じてほしい、生活に取り入れてほしいという思いがTRATRATというブランドを生むきっかけになりました。

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、「TRATRAT(トラとラット)」の中に「ART」が2つ含まれています。

ショップネームのようにさりげなく生活にアートを取り入れられたら、日常がもっと豊かになるかもしれませんね。

 

一度見たら忘れられないトラとネズミのロゴマーク。

お近くに行かれることがあれば、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

【TRATRAT】

2021/9/1(Wed)-10/23(Sat)
11:00-19:00
2F ACT2
月曜休館

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo (ACT) 
〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9,2F ACT2
TEL 03-3341-3253
E-mail info@gallerycomplex.com

■入場料 無料

※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます
※最新情報はアートコンプレックスセンターHPをご確認ください

■WEB
TRATRAT:http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT212/tratrat.html

■展示の動画(YouTube)

 

 

■TRATRATオリジナルグッズ
・38mm缶バッジ
・アクリルキーホルダー
・ステッカー

 

バッチリ缶バッジのギャラリーブログには、TRATRATの缶バッジをご紹介しています!
ぜひ読んでみてください♪

生活にアートを。TRATRATの38mm缶バッジ

 

 

キーホルダー 仕様:アクリルダイカットキーホルダー
片面印刷
サイズ:5cm
接続パーツ:ナスカン

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です