道の駅で「肉ガチャ」!?牛肉キーホルダー誕生

みなさん、こんにちは(^^)/

リアライズの日本キーホルダー工業です。

新型コロナの感染者もかなり減ってきました。

まだまだ油断はできないので変わらず感染予防対策をしていきましょー!

GoToトラベルも再開されるという話も出てきましたね!

旅行大好きなのでここではないどこかへ行きたいです♪

さて、今回ご紹介するのは、宮崎県都城市都北町にある「道の駅都城」にあるガチャガチャが登場し、話題を呼んでいます。


え!?モチーフは「肉」!?

地域活性化を目的としてオリジナルキーホルダーを製作する自治体は少なくありません。

地元の名所やオリジナルキャラクターなどが主です。

しかし「道の駅都城」で販売されているのが「牛肉」をモチーフとしたオリジナルキーオルダーです!

しかも「生肉」!!攻めてますね!!


ユニークなオリジナルキーホルダー

「牛肉キーホルダー」は牛肉の部位になっており、サーロイン・牛ヒレ・牛タン・カイノミ・丸腸・センマイのほかに『Secret(シークレット)』も用意されています。

合計10種類と種類も豊富!!

「肉」と一言にいってもまさかのホルモンまで登場とは!

開発者さんのセンスは素晴らしいですね!!


肉のアピール&地元飲食店を応援したい!

「肉ガチャ」を設置したのは都城の看板業「canvan」さん。

担当の上村昭太朗さんは「ミートツーリズム」の宣伝と、地元の飲食店を応援しようと独自に考案したといいます。

「ミートツーリズム」とは、肉用の牛・豚・鶏の合計産出額日本一を誇る都城市が「肉と焼酎に出会う旅」としてPRしている事業だといいます。


オリジナルキーホルダーの販売方法は

商品名が「肉ガチャ」とあるように、ガチャガチャのカプセルトイとして販売されています。

カプセルの中にはオリジナルキーホルダーのほかに都城市内飲食店のサービス券も同封されています。

サービス券の内容は店舗によって異なり、割引券や飲み物のサービスなどさまざま。

オリジナルキーホルダーとサービス券、何が出るかドキドキワクワクしますね!


オリジナルキーホルダーのほかにも

オリジナル「牛肉キーホルダー」と同時に販売となったのが、髪留めやネクタイピンにもなる「肉パッチン」

こちらも「牛肉キーホルダー」と同様にサーロイン・牛ヒレ・牛タン・カイノミ・丸腸・センマイのほかに『Secret(シークレット)』が用意されています。


オリジナルキーホルダーは地域活性化のPRに最適!

キーホルダーは身につけやすく、リュックやカバンにつけてもらえれば広告として一役買ってくれます。

鍵やポーチなど小物につけることもできます。

また、サイズを選ぶことができ、あまり大きくないものが多いので入手しても邪魔になりません。


オリジナルキーホルダーの魅力

当社リアライズが運営する日本キーホルダー工業では、オリジナルキーホルダー製作を承っております。

オリジナルキーホルダーの良い点は、なんといっても「世界にひとつだけのデザイン」で作れるというところです!

・オリジナルイラスト

・お気に入りの景色の写真

・ペットのかわいい写真

・お子さまが描いた絵

・企業キャラクター

・ショップのロゴマーク

・スポーツチームのユニフォーム

・推しキャラの二次創作

などなど、その種類は無限大!

もっともっと可能性があると思います。


オリジナルキーホルダーを作ってみませんか?

実際に「作ってみたい!」と思っていただけると嬉しいです(^^)

でも「何から始めればいいの?」「必要なものは?」「データ入稿ってなに?」等、

疑問点が出てくるのではないでしょうか。

しかし、ご安心ください!

当社リアライズの専門スタッフが仕上がりまで心を込めて担当させていただきます!

『必要なのは画像だけ!』

ご相談しながらお作りいたします。


オリジナルキーホルダーの種類

今回ご紹介した記事ではアクリルキーホルダーでしたが、その他にもたくさんの種類があります。

・アクリルキーホルルダー

・ラバーキーホルダー

・木製キーホルダー

・缶バッジキーホルダー

・ハメパチ

・連結アクキー缶バッジキーホルダー

一部ご紹介するだけでもこれだけあります!

デザインにあったキーホルダーの種類もぜひご相談ください。

まずは一度お気軽にお問い合わせください!

ご相談しながら製作についてお話しましょう!

オリジナルキーホルダー製作サイトはコチラ

Tシャツや缶バッジの製作も承ってます!

オリジナルグッズ製作総合サイトはコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

▼バックナンバー

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

引用元:ひなた宮崎経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です