アクリルキーホルダーを作る前に知って欲しい「二次創作」と「著作権」のこと。

こんにちは。日本キーホルダー工業の中の人です。

今回は、アクリルキーホルダーなどグッズ製作をする前に知って欲しい「二次創作」「著作権」についてお話しをしていきたいと思います。

こちらのお話しに行く前に、、、

日本キーホルダー工業は、二次創作、同人作家さんの活動も応援しています。ぜひお気軽に制作のご相談を!!★

アクリルキーホルダー・アクリルスタンドの作成をお考えの方は、以下の価格表をご参照ください!

アクリルキーホルダー作成激安価格表

アクリルスタンド作成激安価格表

これより、本題の「二次創作の世界観が今後も”作品を愛する人達の愛すべき場所”としてあり続けられるように知っておきたい法律のこと」などをわかりやすくお伝えします!!


まず、「二次創作」とは

「二次創作」とは、既存の作品を元にして、二次的に創作された、漫画やフィギュアなどの作品の総称です。

 

二次創作、同人活動をされている方のアクリルグッズ作成

キーホルダー通信をご覧になってくださっている方はきっとこんな方が大半ではないでしょうか?

・自分の好きなキャラクターでアクリルキーホルダーを作りたい!!
・同人誌即売会でアクリルキーホルダーを頒布したい!

等々
そんな皆さんには、素敵な想いをカタチにするために、1つ大事なことを頭に入れて置いてほしいのです。

それは「著作権」です!


著作権とは

著作権とはざっくり説明しますと(ほんとざっくりです)アニメ、ゲーム、絵や音楽など創作表現を守る権利です。

アクリルキーホルダーを自分で作る場合はまずこの「著作権」に気を付けないといけません。
「著作権」を侵害してしまった場合、訴えられて罰金が発生するなど大変なことになってしまうのです。


著作権と似ている?商標権とは

著作権の他にもう一つ、「商標権」という似て非なる権利があります。こちらも創作を行う上で、気を付けないといけないのでざっくりですが説明いたします。

商標権は、ブランドの名前やロゴを特許庁に申請して登録した権利です。
登録すると半永久的に権利を保持することができます(更新は必要)。


著作権と商標権の違う部分

著作権は元の作品を知らなかった場合、盗作と認められない可能性がありますが、商標権は商標登録されてるのを知らなくても、全く同じではない類似商品でも、侵害に当たります。
つまり、ブランドの製品、ロゴなどを使ったアクリルキーホルダーは作れない、作ってはいけないのです。

なので、もし日本キーホルダー工業でアニメ、漫画、アイドルなどをモチーフとしたアクリルキーホルダーを作るときは以下の点にご注意ください。

・原作のイラスト、ロゴ、画像、をそのまま使わない

ロゴや画像には商標権がある場合があります。
そっくりそのまま使うのは絶対やめましょう!!
自分で公式のイラスト、ロゴなどを全く同じように模写・復製するのもいけません。

・原作、公式が販売しているグッズと全く同じものを作らない

「お店で見つけたグッズがかわいかった!」
「販売していたのとは別のキャラクターのグッズが欲しいけどないから作っちゃおう!」
というのもやってはいけません。
絵柄、素材が違うから大丈夫という事はありません。
*「つままれ」シリーズなどデザインに商標登録がされているものもございます。

・芸能人の写真をそのまま使わない

実際に大好きなアーティストの写真でアクリルキーホルダーを作りたいという依頼がありました。これもダメなんです。
人間には肖像権があるので勝手に使うことは禁止されております。

・権利者が二次創作を禁止している場合

版権元には公にはっきりと二次創作を禁止している場合もあります。
逆に版権元がガイドラインを設けている場合もありますので作る前に一度ご確認ください。

スタジオジブリ様は、2020年9月18日に自社コンテンツ素材の一部を公開するなどしております。プロデューサーの鈴木敏夫さんは「常識の範囲でご使用ください。」と、使用者への一定のモラルは訴えかけながら寛容な姿勢をとっております。

https://www.ghibli.jp/info/013344/

 


活動をしていく上で頭に入れて置いた方がいいこと


アニメなどのいわゆる二次創作グッズはあくまでも企業、著作者に黙認してもらっている状態であり、正式な許可を得ずに作っているものがほとんどなのです。
しかし、数が多く各版権元が取り締まるのは不可能ですし、同人活動によって版権作品自体が盛り上がるという事もあり「黙認してもらっている」という状態がほとんどです。グレーゾーンといいますかなんといいますか……。

かといって、直接、「そちらのキャラを自分で描いてそれをキーホルダーにしたいんです。いいですか?」とは聞いてはいけません、そう聞かれてしまうと版権元はダメ!としか言いようがないんですね。
(上にも書いた通り、最近は版権元が同人活動に当たってのガイドラインを設けているところも増えてきております。ご自身が活動する前に一度確認してみましょう)

最後に一番重要なことをおっきく表示しておきます!

 

どうしても作りたい場合ご自身でデザイン・描いたもので作り、利益が出すぎないように、あくまでも黙認してもらってるという事を忘れずに活動しましょう!

 

皆様が楽しく同人活動ができますよう、お手伝い出来たら幸いです。

オリジナルアクキー制作のポイント「白版」とは?

アクリルキーホルダーの「白版」ってなに?

日本キーホルダー工業では、面倒なデータ作成が無料で頼めます!今回は、白版(白押さえ)の作成について知識として覚えておいてほしい事をお伝えいたします。自分でデータを作らなくてもきっと役に立つ情報になっています。

日本キーホルダー工業では、製作データ(白版・カットライン)が作成できなくてもイラストを送っていただくだけでアクリルキーホルダーの製作ができます。入稿手数料もデータ調整費もいただきません。イラスト・画像を送るだけで気軽にアクキーを作ることができちゃいます。

今日はそういった事情も踏まえてオリジナルアクリルグッズを作る需要があるものだとして、その場合はどのように対処していくかの参考になれば幸いです。
アクキーの素材はガラスよりも透明度の高いアクリル板でできています。そのような透明な素材に印刷をする場合、カラーインクだけで印刷した場合、ステンドグラスのような透け感のある仕上がりになります。

そこで、デザインを透けさない仕上がりになるようにするには、ベースに白インクで印刷をする必要があります。

そのような加工を印刷用語では「白押さえ」と呼び、元となるデータのことを「白版」と呼びます。

アクキーの表(デザイン)と裏(白版)

白版データの作成方法

白版データはAdobeのデザインソフト「Illustrator」で作成します。

ペンツールを使い、点(アンカーポイント)と線(セグメント)で繋げると、パスデータ(ベクター画像)となります。

デザインの透けさせたくない部分をパスデータで作成します。

 

ポイント1 色はK100%

白版データの色はわかりやすくする為に、K100%で作成します。

ポイント2 デザインよりも0.1mm小さく

まずアクリルキーホルダーはカラーインクで印刷を行い、その上に白インクで印刷を行います。その際、0.1mm以下の範囲で白押さえとデザインがずれることがあります。白インクが少しでもはみ出てしまうとアクリルキーホルダーの仕上がりがよくありませんので、あらかじめ白版データはデザインよりも0.1mm小さく作成する必要があります。ここがポイント。

 

こちらはデザインよりも0.1mm小さくした白版です。重ねてみるとだるまの紫が0.1mmはみ出ているのがわかります。

パスのオフセット機能が便利

デザインよりも0.1mm小さく目分量でパスをひいて行くのはプロでも難しい作業です。まず、デザインとぴったり同じ大きさのパスデータを作成した後に、Illustratorの機能で、オブジェクト→パスのオフセットで「-o.1mm」にします。そうすることで、ぴったり0.1mm小さい白版を作成できます。

 

 

ポイント3 透けを活かしたデザイン

同じデザインでもどこを透けさせるかによって、がらりとイメージを変えることができるのがアクキーの魅力のひとつです。

白版データのない部分は、部分的に透けるので、あえて白版を作らないことでユニークなアクリルキーホルダーにすることも可能です。

 

ついに完成!

白版のパスデータが完成したら、デザインやカットラインとレイヤーを分けて保存します。

今回は基本的なアクリルキーホルダーの白版データの作成方法をご紹介いたしました。もう一つのアクキーの重要なデータ、「カットライン」作成の方法もご紹介しておりますので、こちらも是非チェックしていただきたいです。

データ作成が難しいお客様は、日本キーホルダー工業にすべてお任せください。無料でカットラインなどのデータを作成いたします。また、デザインデータ作成をお客様で行われる場合、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

【あわせて読みたい】

アクキー制作のポイント「カットライン」とは?

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

これからの時代のアーティストの稼ぎ方!元バンドマン、現製造会社社長に聞きました!グッズ製作~

突然ですが、アーティストの方々は収入源に悩むことも多いのではないでしょうか。

グッズ制作のご相談はコチラ

そこで、アーティストの懐事情や収入源であるグッズ製作のコツなどを元人気バンドマン、現製造会社社長にズバリ聞きました!

 

このインタビューは特に

・アーティスト活動をされている方

・アーティストのマネジメントをされている方

・収入源に悩むアーティストの方

・グッズ制作に悩むアーティストの方

に読んで欲しい内容となっています!

 

こんにちは!私は、株式会社リアライズで今年の春からインターンとして働いている小暮と申します!

株式会社リアライズは、キーホルダー缶バッジTシャツなどを制作している会社です。そんなリアライズをより知るために、グッズ、そしてお客様であるアーティストの方々についてもっと勉強したいと思い、元人気バンドマンであり、現製造会社社長である佐藤正裕社長に気になることを思い切って聞いてきました!

興味深い話がたくさん聞けたので、皆さんにも共有したいと思い、この記事を書いています。

今回はその第一弾「グッズ制作とアーティストの収入について」となります!

是非最後までお読みください!

目次

  1. アーティストの収入源
  2. 近年のアーティスト活動
  3. 曲だけでは食べていけない?
  4. グッズ制作に必要なこと
  5. これから来るアーティストグッズ

 

小暮:今日は「キーホルダー通信伝説のインタビュアー小暮」のインタビューをお受けいただいてありがとうございます!ズバズバ聞いていくので覚悟しておいてください!

社長:伝説のインタビュアーなのね(笑) はい!よろしくお願いします。

 

1.アーティストの収入源

小暮:突然ですが、社長のバンドマン時代の懐事情はどうでしたか??

社長:お、いきなり突っ込んだ質問してきますね(笑)

小暮:すみません(笑)

社長:もちろん厳しかったです。当時(20年前)はまだCDが売れる時代だったので、今とは違いますが、アーティスト一本で食べていくためにはCDのリリースで10万枚くらい必要でした。

僕はずっと音楽活動ができていたわけではないのですが、一か月半くらいツアーに行って帰ってきたら副業やバイトとライブ活動をして、という生活ができていた時期もありました。

アーティストとしての収入は、ライブで稼ぎながらCDのリリースで年一回お金が入ってくるというのが基本でしたね。

他では、ライブをやるたびにレーベルからお金をいただいたりということもありました。

 

小暮:なるほど、ライブの収入というのはチケット収入とグッズ(物販)での収入ですか?

 

社長:基本的にはそうです。ただその収入もバンド金庫のようなところに入るので、毎回メンバーに還元できているバンドばかりではないと思います。

 

小暮:やはりアーティスト活動だけで食べていくのはハードルが高いんですね。

 

2.現代のアーティスト活動

 

小暮:「グッズは利益率が良いぞー!」というゴールデンボンバーの歌広場さんの発言がニュースにもなっていましたが、本当ですか?(笑)

 

社長:そうなんですね(笑)それは知りませんでしたが、自分たちでグッズを制作していれば利益率はいいと思います。

例えばTシャツなら、作り方にもよりますが、まとめて作れば1000円以下にできるので、1枚500円で作ったものを約2500円で売れば利益率は8割になります。

他は、歌唱印税とかは数パーセントなので、利益率という面では歌広場さんの言っていることは正しいと思います。(笑)

 

小暮:さすが歌広場さんですね…

 

小暮:社長の頃と比べて今はアーティスト活動がやりやすい時代になったと思いますか?

 

社長:間違いなく発信しやすいという意味ではやりやすくなっていると思います。

発信の場がアナログしかなかった時代は、ライブハウスで実際に発信するしかないので、リアルで目の前にいる人たちにしか届けられませんでした。でも今はインターネットを通じて世界に発信できるようになったので、アーティスト活動にとってはすごく良くなったと思います。その中で、実際の現場に行かなくても「ポチッ」でグッズを簡単に買うことできるというのは、間違いなく環境は整っていると思います。

 

3.曲だけでは食べていけない?

 

小暮:なるほど、それじゃアーティストにとって、現代はこれ以上ない好条件!ということですか?

 

社長:それがそうでもなくて、CDとか音源そのものでお金を生みだしにくくなっていると思います。

昔はアーティストの曲を聴くとなれば、そのアーティストのCDを買うしかなかったのですが、今は有名なアーティストでも曲をYouTubeに載せますよね。

なので、曲は名刺代わりで、自分たちのことを知ってもらう為のものになっていて、曲を聴かせるだけではお金を稼ぐことは難しくなっています。

だからこれからのアーティストは、「グッズを売る」ということでマネタイズしていかなければならないと思っています。

小暮:「曲は名刺代わり」近年のアーティスト事情を表したピッタリの言葉だと感じました。

 

4.グッズ制作に必要なこと

 

小暮:これからのアーティストは、グッズを売るという事が必要不可欠という事ですが、意外とハードルが高いように思います。グッズを作る時に最低限決めておかなければならないことなどありますか?

 

社長:いくつかあります。あげるなら、

・販売数量

・かけられる製造コスト

・販売価格

・どのくらいの期間で売るのか

・商品として出せるデザイン(複数ある場合はどのような内訳で製造するのか)

というところでしょうか。

 

小暮:多いとは思ってましたけど実際見てみるとほんとに多いですね。。。

それら全部をアーティストの方々が決めるのはなかなか難しそうに感じます。僕なら絶対めんどくさくなって放り出す自信があります。

もっと簡単にできる方法はないんですか?

社長:グッズを作る際に、「最低限こうしたい」だけを伝えればその後の販売内容・計画などを立ててくれるところはあるので、そういうところを活用していくのが良いと思います。

 

小暮:販売内容・計画と言うと?

 

社長:例えば

・デザインが完成していなければ、要望に合わせてデザインから提供

・ネットでの販売サイトの構築

・販売数量、価格

・販売代行(発送業務など)

などです。

 

小暮:なるほど、意外と多くのことをやってくれるところがあるんですね。

もう少し具体的に知りたいんですけど、ちなみに日本キーホルダー工業ではどうなんですか?

 

社長:もちろん全部やっています。

日本キーホルダー工業の一例を話すと、

モノを売るっていう意味では、今からの時代はネット通販をやっていくことが必須になってきていると思います。

ネット通販で必要になってくるのは、

・グッズ製造

・在庫管理

・お客様へのお問い合わせ対応

・決済代行

・購入者様への直送、発送

など、今出しただけでもやることがたくさんあります。

これを全て日本キーホルダー工業が請け負い、アーティストさんには自分たち本来の活動に専念してもらうということもできます。

 

小暮:余ってしまうなどのリスクを考えると、在庫管理は、アーティストさんも私たち側も結構敏感になるところだと思うのですが?

 

社長:その通りです。長期間で販売する場合は売れ行きは見えない部分もありますし、なにより最初に抱える分は持ち出しになりますよね。それが厳しいアーティストさんももちろんいらっしゃると思います。

これもまた日本キーホルダー工業の一例で恐縮なのですが、最初の数日間で売れると予想される数量のみを依頼していただき、売れ行きが良ければその後に足りなくなった分を追加し、数量を調節するという事も出来ます。

ご相談次第でこの辺の細かいことも対応できるのは、自社で工場や倉庫を持っているウチならではかなと思いますね(笑)

 

(4)グレ・コのこと

小暮:じゃあ僕も「グレ・コ」っていうアーティストとしてグッズを作りたいって気持ちだけでお問い合わせしてオリジナルグッズ作っても良いですか!

 

社長:もちろん!俺も自分自身の経験から、アーティスト活動をしながら物販の在庫数量の確認をしたり、お金の計算をしたりは大変だという事をわかっているつもりなので、そういう人たちに、今は「裏方としてサポートをしていけるように」っていうのは会社としての存在する意味っていうか、存在意義としてありますね。

 

(小暮:「グレ・コ」に触れて欲しかった…)

 

5.これから来るアーティストグッズ

 

小暮:最後に、今グッズ制作依頼が来て、「これから作るならどんなものが良いか」と相談されたら社長ならどんな提案をしますか?

 

社長:これから先はアーティストさんも、自身の持っているコンテンツ力をIP化する必要があると思っています。(IP…知的財産)

 

小暮:???

 

社長:例えば、バンドのキャラクターなどを物販という形のあるもののみでなく、LINEスタンプなどのようなデジタルのモノもバンドのデジタルノベルティという位置づけで売っていくと良いと思っています。

グッズは、モノとして目の前にあるということが温かみがあって良い面もあるのですが、それだけではなく、「自分たちの価値をデジタルとしても発信できる」そんなアーティストがこれから増えていくのではないかと思っています。

モノを作っている会社の社長としてはあれなんですけど、、、モノを知的財産として作っていくことはアーティスト活動そのものに対しては、すごく助けになっていくだろうなと思います。

今後は我々も、デザイン部門でアーティストさんのキャラクターをデザインする、LINEスタンプをデザインするなど、そのような事にも視野を広げていけると面白いと思いますし、どんどん挑戦して行きたいです!

 

小暮:確かに、コンテンツ力をIP化という発想はありませんでした!

 

小暮:最後にアーティスト活動をしている人に応援メッセージがあれば!

 

社長;コンテンツは生活必需品ではないけども、アーティスト活動をしている方ご自身もそうだったように、音楽、そのようないろいろなコンテンツはきっとどこかで誰かの生活を彩っていて、それってすごい素敵なことだと思うんです!

我々は少しその手伝いをさせていただくことにやりがいを感じているので、そう言った方達が志続けられるように、リアライズという会社はアーティストさんたちがずっと生き残っていけるように、協力して、様々な接点を多く持てるように参入していきたいと思いますので、ぜひ今コロナの中でいろいろ葛藤がある人たちもいると思いますが、自分が生み出したコンテンツでどこかの誰かが彩られているということをイメージしながら、強い気持ちで楽しみながら、アーティスト活動をしてもらえると嬉しいなって思います。

 

小暮:ありがとうございました!

 

今回の記事を読んで少しでも興味を持ってくれた方は↓

リアライズでのグッズ制作のご相談はコチラ

キーホルダー、アクリルグッズはコチラから

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後インタビュー第二弾も予定しております!今回では紹介しきれなかった事、もっと知りたいことなどズバズバ社長にインタビューしていきます。

皆さんも知りたいことや聞きたいこと、またご感想などあればお気軽にコメントください!

小暮が社長に聞いてきます!それではまた次回!

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

アクリルグッズの秘密兵器【レンチキュラー加工】をご存じですか?

皆さん、こんにちは!

今日通勤している時にすごいものを見ました。

かなり大きな広告だったのですが、通り過ぎるとアニメーションのように絵が動くんです!

そんな広告やポスターを見たことがある人は多いのではないでしょうか?

私は実物を見たのは初めてだったので「おぉ、これかぁ」と感心してしまいました(笑)

実はあの絵が変化する技術、アクリルキーホルダーにも使われています。

 

注目の「レンチキュラー」技術

 

冒頭で述べた絵が変化する技術は「レンチキュラー」という印刷技術で、その歴史は古く50年以上前にはもう使われていたと言われています。

「なんだ、そんな古い技術か」と侮ることなかれ!

このレンチキュラー技術は近年でも活躍が期待されており、VRゴーグルや3Dメガネのいらない3D映像技術に応用などされているようです。

気になる方はコチラの記事をどうぞ↓

裸眼で立体的に見える「3D Displays」! 特殊なメガネやVRゴーグルは不要になるのか

記事転載元:livedoorNEWS

 

制作依頼急増のレンチキュラーグッズ

 

そんなレンチキュラー技術ですが、グッズ業界では角度によってデザインが変わるスペシャルなアクリルグッズとして2019年以降人気が急上昇し、企画の通る秘密兵器から、現在では特別感を出す王道アクリルグッズとしてチェンジアクキー、チェンジングアクスタとも言われ、浸透し愛されています。

不思議な見え方で他と差を付けワンランク上のグッズになること間違いなしです。

 

キャラの服装を変えたり、ポーズを変えることもできます。

アクリルスタンドとしても人気です。

 

日本キーホルダー工業レンチキュラーアクリル製品の特長

基本仕様: 3mm厚アクリル(変更もできます)
UVプリントROLAND LEFシリーズ、MIMAKI UJFシリーズ使用
通常片面ですが両面印刷も可能
データ調整費無料!

 

『グッズに何か特別感を出したいけど、どうしたら良いのか分からない』『レンチキュラーグッズをはじめて知った』というあなたは、是非お気軽にお問い合わせください。

弊社のグッズコンサルタント、専門スタッフがレンチキュラーグッズの企画や制作についてご説明させていただきます。

制作可能の最小ロットは、1デザインあたり30個より承ります。

レンチキュラーグッズに関してはコチラ

レンチキュラーグッズのお問い合わせはコチラ

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

イラストレーター、アニメーターのマーケット拡大について。

皆さん、こんにちは🙂

今日は「マンガ家」「イラストレーター」「キャラクターデザイナー」の肩書を持つ『土居 孝幸』さんの誕生日だそうです♪

 

土居孝幸さんと言えばゲーム『桃太郎電鉄シリーズ』がとても有名ですよね。

ゲームが苦手なわたしも、このゲームはよく友達としました♪

皆さんもテレビコマーシャルなどで一度は目にしたことがあると思います。

かつてはアニメ・ゲーム・漫画など嗜好性の強い趣味や玩具の愛好者を指していた「おたく」というコトバが、近年では「ヲタク文化」として日本から世界に広がり、そのマーケットは急拡大を続けています。

 

コミックマーケット(通称:コミケ)もその一つだと思います。

 

なんとコロナ禍前の2019年開催時には、日本の某ロックフェスの来場者数の約2倍の人が訪れたそうです!

すごい人気のイベントだなとは思っていましたが、調べてみたら予想以上でした!

 

そういった時代の流れもあり、「個人がモノを作る」ということが増えてきた感じがします。

 

モノを作る側の業者も「個人のお客様」を考えた小ロット対応なども以前よりは増えてきてはいるのですが、まだまだ少ないのが現状ですよね。

 

日本キーホルダー工業では、法人などのお客様はもちろん、個人のお客様にも喜んでいただけるようなサービスが充実しております。

 

例えばオリジナルキーホルダー のご注文可能な最小ロット数は10個から(ご注文いただく商品により異なります)、1000個以上のご注文のお客様には割引きといったシステムとなっています。

 

もちろん小ロットのご注文の価格にも自信があります!

例えば、サイズ30mm×30mm以内、ダイカット、片面印刷、30個製作の場合で

1個あたりの価格はなんと162円です!!

 

工場長の話によると、日本キーホルダー 工業のアクリルキーホルダー・アクリルスタンドは「業界最安値」とのことです!

 

わたしもよくオリジナルグッズを製作するのですが、いろいろな業者さんの価格比較やサービス内容、利用者の口コミなど調べているうちに、ちょっと疲れてしまったりします。笑

 

いざ「オリジナルグッズを作る」「注文をする」となると、比較しなければいけないことや注文する前に知っておきたい情報などがとても多いですよね。

 

なので初めてオリジナルグッズを作ろうと思ったら不安や疑問だらけでちょっと尻込みしてしまう気持ちも分かります。

 

そういう方には特に『日本キーホルダー 工業』を利用していただきたいのです!

 

今は当社で記事を書いているわたしですが、実はもともとココに注文していたお客さん側でした♪

 

なので自信を持ってオススメします!

 

当社に在籍している専属デザイナー・スタッフが、あなたの「作りたいモノ」を作品に仕上げるために、全力でサポートさせていただきます!!

 

 

どんな些細なことでもご相談・お問い合わせください!

☆日本キーホルダー工業の総合案内はコチラから☆

 

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

どれで繋げる?キーホルダーの接続パーツアレコレ

 

こんにちは、日本キーホルダー工業です☺️

急ですが、皆さんの1番お気に入りのキーホルダーの接続パーツは何ですか??

接続パーツは、キーホルダーを鍵やバッグに取り付けるために必要なだけでなく、キーホルダーの雰囲気を左右する重要な部品ですよね✨

ということで今回は、「接続パーツ」についてご紹介します。

日本キーホルダー工業では、「二重リング」、「ナスカン」、「カニカン」、「ストラップ」、「ボールチェーン」の5種類の接続パーツを取り扱っております。
これらをキーホルダーの使用目的に沿って選ぶことが出来る為、お客様は理想のキーホルダーを作ることが可能です☺️
一つずつご紹介いたしますので、キーホルダー製作の時の参考になれば幸いです。

 

・二重リング

対応キーホルダー:缶バッジキーホルダー

文字通り二重のリングが使われた接続パーツです。
使い方は、リングの間を開いて鍵や鞄を通します。リングが固いため、付ける時ちょっと大変ですが、外れにくいです✨

 

・ナスカン

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー、レコードキーホルダー、ハメパチ、メタルキーホルダー、ストラップ

接続パーツの中で一番人気が高いのがこちらのナスカンです。
人気の理由は、バネ上の輪を押すことで簡単に着脱できるところです。
ショップなどで販売されているキーホルダーのほとんどはナスカンを使っているのではないかと思います。

最近はハートや動物など、個性的な形をしたナスカンも増えてきております。
日本キーホルダー工業ではハート型星型の2種類をご用意しております。作りたいアクキーの種類に合わせてお選びください。
注:こちらの2種類(ハート型・星型)は、1個当たり10円の追加料金を頂きます。

               ナスカン(ハート)
                ナスカン(星)

 

・ボールチェーン

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー、レコードキーホルダー、ハメパチ、メタルキーホルダー、ラバーストラップ

ボール状のパーツがつながっている鎖状の接続パーツで、こちらも多く流通しています。留め具の中に球上のパーツをひっかけて止めるタイプで、着脱が簡単にできるのと、ナスカンでは付けにくい小さい穴や、トートバックなどの太い持ち手等の幅広いサイズにキーホルダーを付けられるのがポイントです。

 

キーホルダーに直接ボールチェーンに付ける為、接続パーツ自体を外したい時も容易に取り外しが可能です。
(ナスカンなどはキーホルダー本体に丸カンを間に挟むように付けるため、ペンチなどのツールが必要です。)

 

・カニカン

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー

ナスカンを小さくしたようなこちらの接続パーツはカニカンと呼ばれます。
接続パーツの中では一番小さく、アクリルを使ったストラップやアンブレラマーカー、ファスナーチャームなど広い用途に使うことが出来ます。

*なおこちらを選ぶ場合、1個当たり10円の追加料金を頂きます。

 

・ストラップ

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー、レコードキーホルダー、ハメパチ、メタルキーホルダー、ラバーストラップ

カニカンに紐がついたタイプで、アクリルキーホルダーやレコードキーホルダー等、デザイン部分との取り外しが容易なのが特徴です。
小さい穴に通せるので鍵や携帯電話、ポーチのジッパー部分等の様々な小物に使われます。

 

以上5点の接続パーツを日本キーホルダー工業では取り扱っています。
どの接続パーツもそれぞれ特徴がありますので、用途や作ろうとしているキーホルダーのサイズに合わせてお好きなものを選んでください。

オリジナルキーホルダーを作りたい方はこちらをご覧ください

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

特殊印刷キーホルダーを作成できます

日本キーホルダー工業では一風変わったキーホルダー商品をご用意しております。アクリルキーホルダーだと味気ない、新しいキーホルダーを探しているという方は必見です。

カラーアクリルキーホルダー

普段のアクリルキーホルダーは透明なアクリル板に印刷をしておりますが、こちらは色の付いたアクリル板に印刷をする商品です。アクリル自体に色が付いているため、アクリルの厚みの部分にまで色が入ります。

カラーアクリルキーホルダーの価格

カラーアクリルは在庫保管の関係上、通常のアクリルキーホルダーよりもお値段が高くなります。製作個数が少ない場合は、通常のアクリルキーホルダー製作費+数万円程度の費用が発生いたしますので、主に1000個以上製作をする場合にオススメです。

お値段は製作個数やサイズなどによって変わりますので、お見積りをご希望のお客様はお問合せ下さいませ。

カラーアクリルキーホルダーの色

カラーアクリルは、多数の色をご用意しておりますので、デザインに合ったお色を選ぶことができます。普段の透明アクリル板をカラーアクリルに変えるだけで雰囲気が大きく変えることが可能です。

カラーアクリルキーホルダーのご入稿データ

  • 対応ファイル形式:PSD,Ai,JPEG,PNG
  • 解像度:350dpi

入稿用データの用意が難しい場合は日本キーホルダー工業にお任せください!「デザイン画像1枚」のみでも、お客様の代わりにスタッフが綺麗にデータを整えます!

スマホスタンドアクリルキーホルダー

商品リリース記事:https://keyholder.bz/media/p/1194

アクリルキーホルダーに実用性を取り入れた商品です。アクリルキーホルダーがスマホスタンドの役割を果たします。スマートフォンを長時間閲覧する際に重宝しますので、動画の需要が高くなっている今、商品に取り入れてみてはいかがでしょうか?

スマホスタンドアクリルキーホルダーのサイズ

通常のアクリルキーホルダーは厚さが3mmのアクリルを使用しておりますが、スマホスタンドアクリルキーホルダーは、耐久性を考慮して厚さ5mmのアクリルを使用しています。

  • 外形 W50.5×H70mm
  • スマートフォンをいれる開口部 W16mm×H10mm
  • 厚み 5mm
  • カバーや画面保護ガラスも含み、厚み9.7mのスマートフォンに対応しております
  • ※スマホスタンドアクリルキーホルダーのサイズは、テンプレートの1種のみとなります。スマートフォンの機種・保護カバー等により対応しないものもございます。

スマホスタンドアクリルキーホルダーのご入稿データ

  • 対応ファイル形式:PSD,Ai,JPEG,PNG
  • 解像度:350dpi

スマホスタンドアクリルキーホルダーはIllustratorデータのテンプレートを用意しております。まずはデザインを当ててレイアウトを確認してみたいお客様はご利用くださいませ。

 

スマホスタンドアクリルキーホルダーの価格

  • 1デザインにつき30個以上での製作となります。
  • デザインが複数ある場合でも「製作合計個数」が単価となります。
  • 透明OPP袋への個別包装を含む金額です。
  • 表示金額は製作費用のみとなっております。消費税・送料は含まれておりません。

スマホスタンドアクリルキーホルダーの製作期間目安

デザイン・製作個数や、製作状況によって変動がございます。ご使用日がお決まりの場合は製造日程の調整をいたしますので、事前にご相談・ご連絡をいただけますと幸いです。

  • 校正サンプル(試作製作) 約1週間
  • 製作個数が1000個程度まで 10営業日程度
  • 上記を超える個数 ご相談くださいませ

フェルトキーホルダー

商品リリース記事:https://keyholder.bz/media/p/1168

フェルト生地に印刷を施したキーホルダーです。フェルト特有の温かみのある生地に鮮やかな昇華転写がマッチした、定番のアクリルキーホルダーとはまた違った優しい仕上がりになります。

フェルトキーホルダーのサイズ

  • 厚み 約2mm

キーホルダーのサイズは3パターンからお選びいただけます。

  1. 直径45mmの正円
  2. 直径60mmの正円
  3. お客様オリジナルサイズ

フェルトキーホルダーのご入稿データ

  • 対応ファイル形式:PSD,Ai,JPEG
  • 解像度:350dpi

直径45mmと直径60mmの2サイズは、接続パーツを繋げる穴の位置を含めたテンプレートデータをご用意しております。

 

オリジナルサイズでの製作は、お客様のご希望に沿った形に製作をいたします。デザインの輪郭に沿うような形にもできますので、ご希望の場合はデザインとカットラインをご用意くださいませ。

▼デザインのキャラクターに沿った輪郭での製作

フェルトキーホルダーの価格

  • 1デザインにつき30個以上での製作となります。
  • デザインが複数ある場合でも「製作合計個数」が単価となります。
  • 透明OPP袋への個別包装を含む金額です。
  • 表示金額は製作費用のみとなっております。消費税・送料は含まれておりません。
  • オリジナルサイズはご相談くださいませ。

直径45mmの正円・直径60mmの正円の2サイズは、製版不要で製作することができます。

オリジナルサイズにつきましては、単価に加えて製版代が発生いたしますのでご承知おきください。

フェルトキーホルダーの製作期間目安

デザイン・製作個数や、製作状況によって変動がございます。ご使用日がお決まりの場合は製造日程の調整をいたしますので、事前にご相談・ご連絡をいただけますと幸いです。

  • 校正サンプルの製作
  • 製作合計個数が500個程度まで 10営業日程度
  • 製作合計個数が1000個程度まで 3週間程度
  • 上記を超える個数 ご相談くださいませ

レンチキュラーアクリルキーホルダー

商品リリース記事:https://keyholder.bz/media/p/1017

見る角度によってデザインが変化するキーホルダーです。駄菓子屋さんなどに一風変わったカードとして販売されていることが多いレンチキュラーですが、この度キーホルダーとして商品化いたしました!

 

レンチキュラーアクリルキーホルダーのサイズ

・厚み 3mm厚

レンチキュラーアクリルキーホルダーのご入稿データ

  • 対応ファイル形式:PSD,Ai,JPEG,TIFF
  • 解像度:150~300dpi

レンチキュラーアクリルキーホルダーの価格

1デザインにつき300個以上で製作を承っております。ご予算の参考用にご活用くださいませ。

「300個~」の黒い数字が単価で、下段にある「300個の場合」の灰色の文字が300個製作をした際の製作費用です。※消費税・送料等は別料金です

レンチキュラーアクリルキーホルダーの製作期間目安

デザイン・製作個数や、製作状況によって変動がございます。ご使用日がお決まりの場合は製造日程の調整をいたしますので、事前にご相談・ご連絡をいただけますと幸いです。

  • 校正期間 7営業日程度
  • 製作個数が10000個程度まで 2~3週間程度
  • 10000個を超える個数 ご相談くださいませ

各商品に関するご相談・お見積り・お問合せ

気になる商品がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。製作個数の目安をお教えいただけましたら、製作期間やお見積りの詳細をご案内をすることも可能です。

※お問合せ時には、気になる商品の名前(フェルトキーホルダーなど)を明記するようにお願いします

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

送料について

送料

全国一律 740円

配送業者・お届け時間のご指定

基本的にはヤマト運輸(宅急便)にて発送しております。

時間指定をご希望の場合は、以下からお選びください。

  • 午前中(8時~12時)
  • 14時~16時
  • 16時~18時
  • 18時~20時
  • 19時~21時

※指定業者様での配送をご希望の場合は、別途ご相談くださいませ。

宅配搬入のご案内

イベント等による「宅配搬入」の発送も承っております。ご希望のお客様は、お早めにご注文の上、ご注文時または担当スタッフまでご連絡くださいませ。

イベント等により、イベント主催にて指定された配送業者を使用して、決められた搬入期間に商品をお届けする方法です。

■注意事項■

宅配搬入をご希望のお客様は、ご参加予定のイベント要項を熟読いただきますようお願いいたします。運送業者・納品先・納品日時などの情報や、納品する段ボールに貼り付けるラベルの指示など、発送に関する項目を全てお教えくださいませ。

※お客様のサークル場所に直接商品を持ち込む「直接搬入」とは異なりますのでご注意ください。

直接搬入とは

ご参加予定のイベント会場へ、ご参加当日にお客様のブースに商品をお届けする搬入方法です。

日本キーホルダー工業では直接搬入を承っておりません。恐縮ですが、「宅配搬入」もしくはお客様が直接お持ち込みいただくようお願いいたします。

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

ご注文のキャンセル・返品・返金のご案内

ご注文のキャンセルについて

ご成約後(ご入金後)は製作が開始いたしますので、ご注文のキャンセルは承ることができません。
お見積りや製作イメージのご確認中はご成約前ですので、キャンセルは可能ですが、弊社にてデザイン作成・校正サンプル製作などのご注文をいただいた場合は、デザイン作成費用・校正サンプル製作費用などのご負担をお願いしております。

返品・返金について

納品時に不良品が生じた場合、商品到着から「7営業日以内」にご連絡をお願い申し上げます。商品到着から「7営業日」を超えてのご連絡の場合は、返品・交換が出来ませんのでご了承下さい。

【返品・交換可能な場合】

・商品納品後、7営業日以内の瑕疵のご連絡をいただいた場合
・商品の機能不備や明らかな凹み、湾曲や破損が確認できた場合

※商品破損・不良などによる商品の交換は原則未使用品に限る

【返品・交換不可の場合】

・商品納品後、「7営業日」を超えてのご連絡の場合
・若干の個体差(製品イメージを大きく損なわない程度の塗装ムラ・微細なキズ・縫製・ホコリ付着など)
・カートン箱(段ボール・外箱)の汚れや傷などでの交換
・弊社内で瑕疵が認められない商品
・デザインの若干のお色味の変化

デザインのお色味について

弊社で使用している出力機と、お客様のプリンター・モニターでは、環境が違うため、若干色味が変わって出力される場合がございます。これらはプリンターの機種や出力方法の違いや、モニター上の見え方と出力されたものとの違いによるものですので保証対象外とさせていただきます。

※色味を調整したい場合、校正サンプルの製作サービスをご利用ください。

商品の返品・交換時の送料について

初期不良により、返品・交換が発生した場合、そこに発生する送料は、弊社にて負担させていただきます。

商品の返送先

株式会社リアライズ カスタマーサポート
TEL:03-6240-9227
〒111-0056
東京都台東区小島2-18-15 御徒町オオツカビル3階
support@realize-net.com

お問い合わせ先

株式会社リアライズ
TEL:03-6240-9227 (平日10:00~18:00)
(土日祝日、年末年始や弊社指定の休暇日を除く)

アクキーの白版とカットラインって何?実物を見ながら徹底解説!

アクキーを制作する時に「作り方ってどうなっているのだろう」「何か特別な知識が必要なんだろうか」など疑問に思うことはたくさんありますよね。

そんな皆さんの疑問にお答えして、

こちらの記事では、アクキーが実際に完成するまでの工程や作り方を写真付きで紹介、白版やカットラインなどの用語の説明をしていきます!

 

こちらの記事は特に

  • アクキーの作り方を知りたい人
  • アクキー制作に必要な知識を得たい人
  • 白版やカットラインなどの作り方が分からない人

に読んで欲しい記事となっています。

アクキーの印刷方法

←こちらの記事でアクキーが実際に完成するまでの工程や作り方を写真付きで紹介をしておりますので、作り方が気になる方は是非ご覧ください!

ただし、日本キーホルダー工業では白版もカットラインの作り方が分からなくても画像を送るだけで面倒なことは全てこちらで対応いたします。しかも無料で!皆さんの思い通りのアクキーなどをお作りいたします。

 

印刷の重ね方・片面印刷と両面印刷の違い

通常の印刷紙とは異なり、透明な板に印刷をするため、印刷方法が大きく異なります。

日本キーホルダー工業では、アクリル板の一方の面に、デザインや白版といった全ての印刷を行う作り方をしております。よって、アクリルの片方の面には印刷面がむき出しの状態となります。※白版の解説は後述します

片面印刷の仕上がり

表側のデザインのみ印刷をする仕様を指します。

デザイン面はアクリル板超しに見えるため、ツルツルとした手触りでアクリルの光沢感があります。対して、裏側は印刷がむき出しになっているため、サラサラとした手触りで、光沢感はありません。

裏面のデザインを印刷しないため、アクキーの裏側は、基本的に白版の色である白色になります。

しかしながら、下の画像のようにデザインの一部には白色でない箇所があります。これは白版を印刷していないため、表側のデザインが裏側から透けて見えるためです。

両面印刷の仕上がり

アクキー表側のデザインのみでなく、裏側のデザインも印刷をする仕様を指します。

白版に重ねて裏面のデザインを印刷するため、片面印刷の裏側同様に裏面のデザインは印刷面がむき出しになります

 

アクキーのデータを作る前の確認事項

アクキーのデータを全て自分で用意をする場合、以下のスキルを持っていることが必要です。

  1. Illustratorなどのベクター(パス)データを扱うことが可能なPCソフトを所持している
  2. ベジェ曲線(パス)を使用して線や図形の作成ができる

アクキーのデータを作ることができる代表的なツール「adobeのIllustrator」は、お金がかかるツールです。そのうえ、ベジェ曲線を扱うデータの作り方にはスキルの習得が必須であるため、一朝一夕ではなかなか難しいものです。

Illustratorを持っていない!データの作り方が分からない!そんなお客様にも気軽にアクキーが製作できるサービスをご用意しておりますのでご安心くださいませ!お客様に代わり、日本キーホルダー工業のスタッフがデータ調整を全て対応いたします!

白版やカットラインの細かなご希望も承っておりますので、データの調整方法にご希望がある場合はご注文時の特記事項等にご記載ください。

アクキーの白版やカットラインなどの作り方を工夫したいとお考えのお客様は、ご注文前に本記事をそのままお読みくださいませ。

白版やカットラインをお任せしたいとご検討の方はこちらへ!

白版の作り方

アクキーを作る時に立ちはだかる、2つの壁のうちの1つ「白版」。

白版とは何か?から始まり、白版による表現の方法、作り方を徹底解説いたします!

白版とは

透明なモノに印刷する場合に必要な、独特なものです。

通常の印刷紙(白色のコピー用紙をご想像ください)に印刷をする場合、「白色の表現をする」ためには「印刷紙自体の白色」を活用しています。白色は「印刷する時にインクが付いていないところ」ということです。

印刷紙を透明なフィルムや透明なアクリルに変更して印刷すると、白色で表現をしたいと思ったところは「透明」になる仕組みです。

しかしながら、透明な色のモノに印刷をする時、単に「白色の所が透明になる」だけではありません。インクが付いたところが半透明なる性質も持ち合わせています。

▼完成イメージ(青い線はアクリルの輪郭を指示するカットライン)

▼実際の完成品写真

白版活用術(白版ありなしが含まれるサンプル写真)

基本的には「デザインのある所に白版を作成する」作り方をしておりますが、お客様からのご希望がある場合は、「白版を作らずに印刷をする方法」も対応しております。料金の変動や、特別な手続き等はありません。

いつものアクキーの作り方に慣れてきた方、是非白版を変えて「周りとはちょっと違うアクキー」の作り方を試してみてください!

白版データの作り方

Illustratorをお持ちの方は是非トライしてみてください!アクキーを思い通りの作り方ができると快感ですよ。

白版データの作り方

カットラインの具体的な調整方法

アクキーとアクリルスタンドでカットラインの作り方が少し異なります。ご希望の商品はどちらになるのかをお確かめの上、データの作成に着手しましょう!

カットラインとは

「アクリルの板をどのようにカットするか」を指示するためのものです。アクキーはお客様のお好みで形を自由に作ることができるところは、アクキーの醍醐味と言えるでしょう。カットラインの作り方に失敗してしまうと、ナスカンなどの接続パーツが付けられなかったり、アクリルスタンドが上手く組み立てられなかったりするため、製作会社の作り方をよく確認する必要があります。

アクキーのカットラインの作り方

↓カットラインの作り方へ

吊元穴やカットラインのサイズにご注意ください

ナスカンなどのパーツを取り付ける箇所「吊元穴」はパーツがちゃんと付けられるサイズに調整をしています。この接続パーツは、「3㎝角」など商品のサイズに含まれるものです。「アクリル全体の大きさ」が商品のサイズとなりますので、印刷される面積はご希望の商品サイズより一回り小さくなります。

デザインに沿って輪郭を作るものと、四角形・丸型など分かりやすいもの

同じデザインでもカットラインを変えるだけでアクキーの印象は大きく変わります。デザインや意図に合ったカットラインにすると、アクキー完成レベルがぐんと上がります!

吊元穴の周辺に余裕を持たせると、カットラインに収まるような吊元穴の作り方をすることができます。

▼カットライン調整中

吊元穴のドーナツが、カットラインとデザインの間に綺麗に収まることができれば、アクキーは問題なく製作することができます。

 

アクリルスタンドのカットライン作り方

※アクリルスタンドはテンプレートデータを用意しておりません。ご入稿データで差込口の微調整が必要であると判断した場合は、弊社で微調整をさせていただきます。

アクリルスタンドのカットラインの作り方

基本的にはアクキーと同じような作り方になります。ただ一つ変わるのは、「スタンドにする部分の差し込むところを作る」ことです。

▼差し込むところのレイアウトを考えた作り方をしていきます。

▼カットラインをただ重ねた状態では製作することができないため、パスの微調整を行います。

アクリルスタンドの差込口の大きさ

差込口の長さはデザインによって変えることができます。ですが、高さは【3mm】固定となります。アクリルの板の厚みが3mmであるためです。

ご入稿いただいたデータの差込口に調整が必要であると判断した場合は、弊社の担当が微調整いたしますのでご安心くださいませ。

両面印刷データの作り方

片面印刷では白版の白色が見えていた裏面にデザインを印刷することが可能です。日本キーホルダー工業では「両面印刷」として販売しております。

両面印刷用のデータの作り方は、片面印刷よりも気を付けることが多くなり、複雑になります。ですが、片面印刷よりもうんとクオリティが高くなりますので、片面印刷のアクキーの作り方に慣れてきたお客様は挑戦してみてください!

気を付けること

  • 表面のデザインの輪郭と裏面のデザインの輪郭がぴったり同じになるようにする
  • デザインにテキストが含まれる場合は、「デザインの輪郭」はそのままにして、テキストを鏡文字にする(表面側から印刷されるため、デザインをひっくり返して正常に見えるようにする)

デザインの輪郭が、表面と裏面で少しでも違ってしまうと、「表面から裏面のデザインがはみ出したように見える」「裏面から表面のデザインがはみ出したように見える」仕上がりとなってしまい、意図しない場合は残念な結果になってしまいます。

▼正しい入稿データ

 

▼失敗例 テキストの文字を鏡文字にしなかった

裏面のテキストが印刷後に鏡文字に見えてしまいます。アクリル板の片面側から、表面・裏面のデザインを印刷して、アクリル板をひっくり返して完成をなるためです。テキストのみ左右反転をすれば、ちゃんと文字が読めるデザインになります。

 

▼失敗例 表面と裏面の「デザインの輪郭」が違う

▼デザインの輪郭が違うデザイン・左右反転が難しいデザインの解決策

白版を作ってしまえば万事解決!表面からも裏面からも同じ形の白版を作成すると、表面・裏面どちらのデザインにも影響なく綺麗に印刷をすることができます。

アクキーを詳しく見てみる

アクキーの価格確認は、日本キーホルダー工業のサイトへどうぞ!ご注文をしなくても、サイズ・印刷方法ごとの金額を確認することができます。

「こんなものを作りたいけれど、本当に作れるかな?」「こんな時白版はどのような作り方をすればかっこよくなる?」アクキーの作り方でお悩みの方は、日本キーホルダー工業にお問い合わせください!スタッフがお客様のご希望を把握してご案内いたします。

皆さんのかっこいい・かわいいアクキーが世の中に生まれることを願っております!

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック