日本発祥!?海外からの旅行客があっと驚く”意外な”キーホルダーとは!?

みなさんこんにちは!

リアライズの日本キーホルダー工業です!

今日ご紹介するのは、日本生まれの究極のグルメとも称させる食品サンプルのキーホルダーについての記事をご紹介します!

ガチャガチャや、ファミレスのレジの近くにあったり誰もが目にしたことあるであろう”あの”キーホルダーです!

▼引用元:海外の旅行客が驚く“究極のグルメ”!日本生まれの「食品サンプル」にかけた夢

何も気にせずに見ている食品サンプルは、実は日本が誇れる唯一無二のオリジナル文化の一つなのです!今思うと、確かに外国にいって店の前でも食品サンプルを見たことがないなと思いました…

食品サンプルとは

食品サンプルは、飲食店の店頭あるいは店内に陳列される料理の模型です。

材料のロウなどを主原料として作られています。

最近では、本物の食材を形どり製作もされているようです!

大正時代から昭和初期にかけての日本で生まれました。外食文化が栄えるとともに、外食文化を支えるようにオリジナルの文化として成長してきました!

まさに…縁の下の力持ちです!

「本物の料理よりも美味しそうで本物らしく」という制作者である職人さんの長年受け継がれてきたこだわりが詰まっています!日本伝統の繊細な技術が、世界の食文化に大きな革命をもたらしました。

食品サンプルの役割

食品サンプルの役割は、お店の目印・看板・さらに美味しそう!と思わせてくれます!

食品サンプルを見てお店に入る人も多いかと思います!

そして『ユニバーサルデザイン』であると言う点です!

言葉がわからなくても視覚的に食べ物を捉えることができまる!

老若男女、そして外国の方もオーダーしやすいのが良いですよね!☆

食品サンプルの用途

最近では、飲食店のメニュー見本としてだけではなく、

スマホ用のケースやスタンド、ピアスや指輪のようなアクセサリー、キーホルダーなど海外のお土産としても大人気です。

様々なところで見かけますよね!

 

 

あなただけのオリジナルキーホルダーと制作してみませんか?

今回ご紹介したようにキーホルダーは手軽に身に付けれることなどから、ちょっとしたプレゼントにも大人気です!

そして、日本の文化をキーホルダーにするのもとっても面白いですよね!

「このアイデアでキーホルダーを製作したい!」という企業担当者さんなどがいましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

お客様の「思い」を「カタチ」にする企業として対応力日本一を目指してオリジナルグッズ制作サービスを提供させていただいています。

初めての方や、イラスト製作がご不安の方もしっかりとサポートさせていただいておりますのでご安心ください!

まずは気軽にご相談ください♪

 

 

リアライズ(日本キーホルダー工業)へのお問い合わせはこちら

オリジナルTシャツやトートバッグオリジナルグッズ製作の総合MENUはこちら

キーホルダー通信のバックナナンバーはこちらをクリック

 

ぼくたちのリメイクぷにこれ!キーホルダー| 日本キーホルダー工業

ぼくたちのリメイクぷにこれ!キーホルダーオススメポイントをご紹介いたします!

皆さんこんにちは!

今日ご紹介するのは、『ぼくたちのリメイク』からぼくたちのリメイクぷにこれ!キーホルダーの予約販売が開始されました!

『ぼくたちのリメイク』は過去に戻るという設定を、ただの強くてニューゲーム作品の道具にするのではなく、リアルさをもって描いているのが面白いですよね☆

そんな『ぼくたちのリメイク』のキーホルダーの魅力をたっぷりお届けいたします♪

オススメポイントその1:イラスト

ヒロインのとってもイラストで登場しました!

ぼくたちのリメイクの魅力とは、巻き起こるトラブルの数々はリアルの一言です。ちょっとしたことがドタバタにつながる様子に、応援しながらも思わず笑ってしまいます。

どことなくずっと共感の嵐です!

そして、今にも話出しそうな可愛いイラストになっていますね^^

オススメポイントその2:ラインナップ

今回キーホルダーとして登場しているのは三人のヒロインたちです!
志野亜貴・小暮奈々子・河瀬川英子の三人のキャラクター達が登場しました。

皆さんのお気に入りキャラクターはいましたか?

私のお気に入りキャラクターは、志野亜貴です!

とにかく可愛い!!!小柄ながら胸がある容姿。田舎育ちのおっとりしたお母さん気質があります!

幼い容姿とのギャップ! おっとりと落ち着いたところに甘えたくなるのです。

そして博多弁がバリかわすぎる!

オススメポイントその3:価格

価格は1023円となっています!

ど迫力の大きさにして大変お得な価格となっています☆!

そして今回のグッズの特徴とも言えるアクリルスタンドにもできるのも大きな魅力になっています♪

キーホルダーとしてカバンにつけて持ち歩くのもよし、机の上に飾るのも良いですね!

一つ買うも良し、机の上に三つ揃えて置くのも良いですね♪♪

 

商品詳細

↑志野亜貴

↑小暮奈々子

↑河瀬川英子

 

価格:1023円(税込)

種類:3種

発売日:10月上旬発売予定

商品サイズ:約95mm(本体)

素材:アクリル(本体)、PVC(スタンド)

権利表記:©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

発売元:アズメーカー

※掲載の商品画像や写真はサンプルです。実際の商品とは異なる場合がありますので予めご了承ください。

※予約期間中であっても、予約数上限に達すると早期終了する場合もございます。ご了承ください。

※発売日の違う商品と一緒にご注文される場合は、最も発売日が遅い商品に合わせての同梱発送となります。

販売サイト情報

ぼくたちのリメイクぷにこれ!キーホルダーは、Animoにて予約販売が開始されています。詳細は下記URLよりご確認ください。

商品名:ぼくたちのリメイクぷにこれ!キーホルダー

発売日:10月上旬発売予定

予約期間:9月2日締切

予約サイト:https://is.gd/1hTSbd

 

作品概要

ゲームディレクターの主人公が10年前に戻って奮闘する姿を描きます。

主人公・橋場恭也は28歳のゲームメーカー社員、でした。

地方大学を卒業して、夢をかなえるためゲーム作りの道に進んだものの、入った零細メーカーの経営は無茶苦茶。数年で倒産して恭也は無職になりました。

ひどい始まり方ですが、会社の都合に振り回される様子が身につまされる人もいるかもしれません。

その後、実家に帰ったはいいものの、当然やることも無く、かつて気まぐれで受けた芸大の合格証書を手に、あり得たかもしれない大学生活を夢見ていました。

と、そのまままどろみ、気づくとそこは、10年前の2006年の自室で、、、

今度こそ後悔したくないと決意した恭也。

くせ者だらけの芸大で、未来で身に着けた技術と、最後まで捨てきれなかった情熱を頼りに、もう一度の青春をリメイクしていきます。

 

世界にたった一つのオリジナルキーホルダーつくりませんか?

株式会社リアライズではお客様の「思い」を「カタチ」にする企業として対応力日本一を目指してオリジナルグッズ制作サービスを提供させていただいています。

あなただけのデザインでキーホルダーを制作しませんか?

チームユニフォームやお好きなデザインでオリジナキーホルダーを制作することが出来ます!

お手頃な価格ですので、卒業、卒団記念にもぴったりです!

今回ご紹介したようなアクリルやそれ以外にも、たくさんの素材からお選びいただけます☆

チームのみんなで作ってモチベーションアップもいいですね!

リアライズではオリジナルグッズの製作を展開しております。定番のTシャツから缶バッジやアクリルキーホルダーなど実用性のあるアイテムをご用意しております。

デザインが苦手という方でもしっかりサポート致します。お客様の作品が出来上がるまで、専属スタッフが責任を持って心を込めてサポートさせていただきます。

疑問点や不安なことなど、どんな些細なことでもお問い合わせください!

 

オリジナルキーホルダー制作サイトはコチラから

オリジナルグッズ制作総合サイトはコチラから

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック

「キーホルダー」というノベルティでできる最強の企業プロモーション

こんにちは!日本キーホルダー工業です。

今回は、企業の広報担当者必見!「キーホルダー」というノベルティできる最強の“プロモーション”というテーマで、キーホルダーの魅了をお伝えできたらと思っています。

「何か良いノベルティは無いかな…?」とオリジナルグッズをお探しの方も、ぜひ参考にしてください(^^)

最強のプロモーションとは?

疑問

そもそも“最強のプロモーション”とは一体なんでしょうか?

「メディアミックス(複数の広告を組み合わせること)」やインターネットを利用した「ターゲティング広告」、はたまたクリエイティブに特化した「テレビCM」など…プロモーションには様々な手段や方法があります。

ただ、私は上記のどれもが本質的な回答ではない!と考えます。「最強のプロモーションとは?」に対する私の答えは「貢献する」ことです。

“貢献する”というプロモーション

貢献する

なぜ「貢献すること」がプロモーションにつながるのでしょうか?それは広告の本来のあるべき姿と同じだからです。

「広告」というのは、「世間に広く知らせること」で、その広く知らせるものはやはり届ける消費者にとって“有益”なものである必要があると思います。

「貢献すること」というのは、誰かにとって役に立つということですから、広告が本来持っている性質にとても近いと言えます。

そして「企業理念」や「経営理念」なども実は同様で、「社会貢献」するための企業活動であるという本質が存在します。これは長く続く企業ほどしっかりした理念があります。

つまり!企業のブランディングやプロモーションをするためには、“貢献する”というのはある意味必然の要素であるとも言えます。

“貢献する”「キーホルダー」プロモーションの実例

マタニティ

実際には、どんな“貢献する”プロモーションが存在するでしょうか?

▼(引用記事)妊娠中に来日した米記者 日本の「親切さが大いに役立つ」と米国に紹介したものとは?

こちらの記事でご紹介されているのがその一例です。簡単に概要を説明すると、オリンピックで来日した妊娠中の女性記者が、配布された「マタニティーマーク」のキーホルダーに感銘を受け、母国に広めたという内容です。

マタニティマークのキーホルダーを付けていたことで、「妊娠しています」と言葉にする代わりに、お腹を指差せば分かってもらえたとアメリカの記者さんはとても喜ばれたようです。

(このような「マタニティマーク」のキーホルダーは、実際に民間団体や企業などがそれぞれのデザインで販売・配布しています)

このような活動は、インターネットやSNSの普及によって、個人が発信・拡散できるようになった現代において、私はとても有効なプロモーション活動の実例だと考えます。

さらに加速しそうな「キーホルダー」プロモーション

キーホルダー

そして今を取り巻く環境は、今回のような「キーホルダー」を使ったプロモーションを加速させると予想しています。

なぜなら、コロナの影響で近距離のコミュニケーションが封じられた世の中で、言葉がなくとも「キーホルダー」のように相手に意図を伝えられる手段は有効だからです。

例えば、「ワクチン2回摂取済みです!」みたいなことは、周りからみたらどうしても分からないことですが、はっきりと主張したい(しなくちゃいけない)場面が今後出てくる可能性があると思います。

そんな時にキーホルダーなどでしっかりと意思表示ができたら…とても便利そうじゃないですか?

また、「皮膚が弱いので不織布のマスクが着けられません…」のような人も、わざわざ言葉に発するのはとても精神が滅入る状況も少なくないと思います。

そんな状況を救えるような「キーホルダー」を、企業が困っている人に対して提供するのは、企業ブランディングやプロモーション手段としても、大いにアリだと考えます。

まとめ

今回の私の主張をまとめると…“最強のプロモーション”とは「貢献する」ことで、「キーホルダー」というノベルティを活用することで、今の時代にあった企業にとって良いプロモーションができるのではないか?ということでした。

今回紹介したように、「キーホルダー」の生活での汎用性は非常に高く、企業のオリジナル「ノベルティ」としての可能性も、非常に高いと思っています。

ただ単に「企業ロゴ」や「マスコットキャラクター」デザインのキーホルダーではなく、“貢献する”ことを意識したオリジナルデザインのキーホルダーを制作してみませんか?きっと喜ばれるものになると思いますよ(^^)

私達「日本キーホルダー工業」は、様々な企業様から「オリジナルグッズ制作」のお仕事を請け負った実績があり「国内生産で安心」「価格もリーズナブル!」「柔軟な対応だ!」と大変嬉しい評価頂いております。

ぜひ本記事を読んで、「自社のオリジナルキーホルダーのノベルティを一度作ってみたい…!」と思っていただけましたら、ぜひお気軽にお問い合わせ・お見積もり依頼をお願いいたします。

★リアライズでのグッズ制作のご相談・見積もり依頼等はこちら★

「うちの会社だとデザイン作れないんだよね…」という場合も安心!弊社で全力でサポートさせていただきます。また「まずはキーホルダーのざっくりとした価格や種類を知りたい…」という方はこちらをご参照ください。

★キーホルダー製品ラインナップ★

一口に「キーホルダー」と言っても色々な種類をご用意しております。変わり種のキーホルダーもご用しておりますので、ぜひ一度ご参考までにご覧くださいませ。

それでは(^^)

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック