ガチャガチャ市場とアクリルのこれから

こんにちは!
日本キーホルダー工業です。

100円玉を入れてグッズをゲットするものと言えば…

そう!

ガチャガチャです!

ガチャガチャは、アメリカ・ニューヨークの駅が発祥と言われており、当時はバムボールマシーンとして始まったのだとか。
第二次世界大戦後にアメリカから日本にガチャガチャビジネスがやってきたのが1965年。
現在まで約55年、ガチャガチャビジネスが続いているわけです。

ガチャガチャの歴史はもっと深く掘り下げたいところですが、それはまた今度…。

元々子供向けに始まったガチャガチャ市場ですが、近年は大人向け(インバウンドを含めて)のガチャガチャが増えています。
大人の趣味の広がりも一つの要因ではあると思いますが、デザインや中身のグッズの種類も大人が手に取りたくなるようなものが増えていることが購入者層を厚くしている理由ではないかと思います。

アニメやキャラクターグッズだけでなく、動物、昆虫、乗り物、家具やDIY工具のミニチュア…などなど、かなりマニアックなものまであります。

実は以前、株式会社リアライズ(日本キーホルダー工業を運営している私たちの会社です)でもばら撒き・ガチャガチャアイテムとして100円以下で作れる、おススメグッズ5選!という記事をご紹介したことがあります。

法人の方向けに100円以下でご提供できる商品をいくつかピックアップしてご紹介しましたが、今はガチャガチャも200円~500円のもの、サイズも大きいものまで取り扱いがあるので、カプセルの中のグッズもかなりバラエティに富んでいます。

ガチャは奥がまだまだ深く、なんと今では年間250億円規模の市場になっているんだとか。

そんな中、今日はTAMA-KYU(たまきゅう)からとてもユニークな「自己主張バッジvol.3」という商品が2021年8月にガチャデビューされたのでご紹介します!

 

それがこちら!

 

■「自己主張バッジvol.3」商品概要
種類:全12種
価格:200円(税込)
全高:約28×48mm
素材:アクリル樹脂・ABS・金属
商品URL:https://tama-kyu.com/lineup/jikobatch3/ 

 

その内容は…

 

■商品ラインナップ

・実況者

・【閲覧注意】

・擬人化

・鼻炎持ち

・最強

・体育会系

・すっぴん

・元気です

・公式

・ぼっち

・イエべ

・ブルべ

 

だいぶ個性的、というより使用するシーンが気になるものばかり!!

 

一見身に着けていると名札のように見えるのですが、よ~くみるとなにかがおかしい。。

 

これは自己主張なのか、はたまた触れないでほしいことなのか‥見る人の反応を見るのも楽しそうです。

 

これまで

 

自己主張バッジvol.1

自己主張バッジvol.2

 

…と、すでに個性的なラインナップを発売されていたのですが、さらにバリエーションが増した第3弾。

 

こちら自己主張バッジはデザインでまず惹きつける。

文字とアクリルの色の組み合わせという至ってシンプルなデザイン。

それでもこんなに惹かれるのは、その言葉が持つ力です。

 

そして、もう一つ。
アクリル「バッジ」というラインナップに注目しました。

アクリルといえばキーホルダーやスタンドのラインナップを多く見かけますが、こちらの商品のように裏面にピンやクリップを付けることでバッジにすることができます。

 

日本キーホルダー工業では、さらにオプションとして「スタンド(安全ピン付/なし)」も選択できます!

アクリルグッズはデザインとオプション、アイデア次第でカプセル市場を動かすことができるといっても過言ではないのです。

 

ガチャガチャ市場はインバウンド向けに空港やターミナル駅構内にも設置されいます。
(帰国の際に余った日本貨幣を使ってちょっとしたお土産を買える、といった感覚でガチャガチャをする人が多いのです)

 

元はアメリカから渡ってきたガチャガチャがカプセルの中身のグッズの進化もあり、日本独自のガチャガチャ文化が確立されているのですね。

 

今はコロナの影響で外国の方向けの市場は苦しくとも、また以前のように海外旅行ができる状況になったらきっと盛り返すこと間違いないと信じています。

 

たまきゅうのようなオリジナルカプセルトイブランドを始め、おもちゃ業界などで今後もガチャガチャの需要は続いていく中で、日本キーホルダー工業もSNSや日記で発信していきます!

 

(ちょっと小話)

リアライズでは手のひらサイズのマカロン缶など、ガチャガチャにもピッタリな新商品をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください♪

 

 

出典元:TAMA-KYU

 

 

 

 

 

ガチャガチャ市場とアクリルのこれから

こんにちは!
日本キーホルダー工業です。

100円玉を入れてグッズをゲットするものと言えば…

そう!

ガチャガチャです!

ガチャガチャにピッタリのアクリルグッズはコチラから

ガチャガチャは、アメリカ・ニューヨークの駅が発祥と言われており、当時はバムボールマシーンとして始まったのだとか。
第二次世界大戦後にアメリカから日本にガチャガチャビジネスがやってきたのが1965年。
現在まで約55年、ガチャガチャビジネスが続いているわけです。

ガチャガチャの歴史はもっと深く掘り下げたいところですが、それはまた今度…。

元々子供向けに始まったガチャガチャ市場ですが、近年は大人向け(インバウンドを含めて)のガチャガチャが増えています。
大人の趣味の広がりも一つの要因ではあると思いますが、デザインや中身のグッズの種類も大人が手に取りたくなるようなものが増えていることが購入者層を厚くしている理由ではないかと思います。

アニメやキャラクターグッズだけでなく、動物、昆虫、乗り物、家具やDIY工具のミニチュア…などなど、かなりマニアックなものまであります。

実は以前、株式会社リアライズ(日本キーホルダー工業を運営している私たちの会社です)でも「ばら撒き・ガチャガチャアイテムとして100円以下で作れる、おススメグッズ5選!」という記事をご紹介したことがあります。

法人の方向けに100円以下でご提供できる商品をいくつかピックアップしてご紹介しましたが、今はガチャガチャも200円~500円のもの、サイズも大きいものまで取り扱いがあるので、カプセルの中のグッズもかなりバラエティに富んでいます。

ガチャは奥がまだまだ深く、なんと今では年間250億円規模の市場になっているんだとか。

そんな中、今日はTAMA-KYU(たまきゅう)からとてもユニークな「グルメバッジ カロリー編」という商品が2020年12月にガチャデビューされたのでご紹介します!

ドドン!!

(画像転用元:TAMA KYU

かなりインパクトがありますね。

シリーズ名だけ聞くと、おしゃれなバッジかと思いきや、シンプルな文字だけでデザインされたアクリルバッジなんですね!

■商品概要
種類:全10種
価格:200円(税込)
全高:約48mm
素材:アクリル樹脂・金属
企画・デザイン:ザリガニワークス
商品URL: https://tama-kyu.com/lineup/gourmet/

「カロリーはおいしい」

これは私自身、よく(言い訳として)使用してしまう言葉なのですが、
身に付けられてしまうなんて…

もう言い訳せず、身に着けておいしいものを食べよう!という気分になりますね。

こちらのグッズで気になった点を挙げると、

デザインでまず惹きつける。

そして、もう一つ。
アクリル「バッジ」というラインナップに注目しました。

アクリルといえばキーホルダーやスタンドのラインナップを多く見かけますが、こちらの商品のように裏面にピンやクリップを付けることでバッジにすることができます。

リアライズではさらにオプションとして「スタンド(安全ピン付/なし)」も選択できます!

アクリルグッズはデザインとオプション、アイデア次第でカプセル市場を動かすことができるといっても過言ではないのです。

ガチャガチャ市場はインバウンド向けに空港やターミナル駅構内にも設置されいます。
(帰国の際に余った日本貨幣を使ってちょっとしたお土産を買える、といった感覚でガチャガチャをする人が多いのです)

元はアメリカから渡ってきたガチャガチャがカプセルの中身のグッズの進化もあり、日本独自のガチャガチャ文化が確立されているのですね。

今はコロナの影響で外国の方向けの市場は苦しくとも、また以前のように海外旅行ができる状況になったらきっと盛り返すこと間違いないと信じています。

たまきゅうのようなオリジナルカプセルトイブランドを始め、おもちゃ業界などで今後もガチャガチャの需要は続いていく中で、日本キーホルダー工業もSNSや日記で発信していきます!

 

(ちょっと小話)

リアライズでは手のひらサイズのマカロン缶など、ガチャガチャにもピッタリな新商品をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください♪

出典元:TAMA-KYU

 

ガチャガチャにも使えるアクリルグッズはコチラから

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック