どれで繋げる?キーホルダーの接続パーツアレコレ

 

こんにちは、日本キーホルダー工業です☺️

急ですが、皆さんの1番お気に入りのキーホルダーの接続パーツは何ですか??

接続パーツは、キーホルダーを鍵やバッグに取り付けるために必要なだけでなく、キーホルダーの雰囲気を左右する重要な部品ですよね✨

ということで今回は、「接続パーツ」についてご紹介します。

日本キーホルダー工業では、「二重リング」、「ナスカン」、「カニカン」、「ストラップ」、「ボールチェーン」の5種類の接続パーツを取り扱っております。
これらをキーホルダーの使用目的に沿って選ぶことが出来る為、お客様は理想のキーホルダーを作ることが可能です☺️
一つずつご紹介いたしますので、キーホルダー製作の時の参考になれば幸いです。

 

・二重リング

対応キーホルダー:缶バッジキーホルダー

文字通り二重のリングが使われた接続パーツです。
使い方は、リングの間を開いて鍵や鞄を通します。リングが固いため、付ける時ちょっと大変ですが、外れにくいです✨

 

・ナスカン

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー、レコードキーホルダー、ハメパチ、メタルキーホルダー、ストラップ

接続パーツの中で一番人気が高いのがこちらのナスカンです。
人気の理由は、バネ上の輪を押すことで簡単に着脱できるところです。
ショップなどで販売されているキーホルダーのほとんどはナスカンを使っているのではないかと思います。

最近はハートや動物など、個性的な形をしたナスカンも増えてきております。
日本キーホルダー工業ではハート型星型の2種類をご用意しております。作りたいアクキーの種類に合わせてお選びください。
注:こちらの2種類(ハート型・星型)は、1個当たり10円の追加料金を頂きます。

               ナスカン(ハート)
                ナスカン(星)

 

・ボールチェーン

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー、レコードキーホルダー、ハメパチ、メタルキーホルダー、ラバーストラップ

ボール状のパーツがつながっている鎖状の接続パーツで、こちらも多く流通しています。留め具の中に球上のパーツをひっかけて止めるタイプで、着脱が簡単にできるのと、ナスカンでは付けにくい小さい穴や、トートバックなどの太い持ち手等の幅広いサイズにキーホルダーを付けられるのがポイントです。

 

キーホルダーに直接ボールチェーンに付ける為、接続パーツ自体を外したい時も容易に取り外しが可能です。
(ナスカンなどはキーホルダー本体に丸カンを間に挟むように付けるため、ペンチなどのツールが必要です。)

 

・カニカン

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー

ナスカンを小さくしたようなこちらの接続パーツはカニカンと呼ばれます。
接続パーツの中では一番小さく、アクリルを使ったストラップやアンブレラマーカー、ファスナーチャームなど広い用途に使うことが出来ます。

*なおこちらを選ぶ場合、1個当たり10円の追加料金を頂きます。

 

・ストラップ

対応キーホルダー:アクリルキーホルダー、レコードキーホルダー、ハメパチ、メタルキーホルダー、ラバーストラップ

カニカンに紐がついたタイプで、アクリルキーホルダーやレコードキーホルダー等、デザイン部分との取り外しが容易なのが特徴です。
小さい穴に通せるので鍵や携帯電話、ポーチのジッパー部分等の様々な小物に使われます。

 

以上5点の接続パーツを日本キーホルダー工業では取り扱っています。
どの接続パーツもそれぞれ特徴がありますので、用途や作ろうとしているキーホルダーのサイズに合わせてお好きなものを選んでください。

オリジナルキーホルダーを作りたい方はこちらをご覧ください

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック