ファンの心をガッチリ掴んで離さないANAのキーホルダーグッズ戦略

こんにちは!日本キーホルダー工業です。

今回は、『ANA』にまつわるキーホルダーニュースのご紹介いたします!企業のブランディングなどを手がける広報担当者やグッズ制作をお考えの方などにとって、とても参考になる情報だと思います。

ぜひ最後までお付き合いくださいませ(^^)

ANAがヤフオクにファーストクラスのシートを出品した理由

オークション

ANAグループの全日空商事(東京都港区)が9月21日、ヤフーが運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」で、「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」を出店し、ANA機で使用していた部品やエアライングッズをオークション形式で販売するという試みに今回初めてチャレンジすることになったそうです。

なぜ? ANAがヤフオクにファーストクラスのシートを出品した理由(Yahooニュース)

取り組み実施にあたっての背景としては、航空機ファンなどから「商品として加工されていない航空機部品がほしい!!」といった要望があったようで、企業としてもコロナ禍で飛行機に乗る機会が減少する中、『客さまとのタッチポイントを増やしたい』『ANAグループ面白いことやっているなと感じて欲しい』というような狙いと合致して、今回実現に至ったようです。

実際に使用していた一点ものの部品やエアライングッズは、航空機ファンとしたらやはり堪らないグッズですよね!ファンにとっては、飛行機に乗っていない間も思いを募ることができる素敵なグッズだと思います。

全日空商事はこれまでも、実機で使用していたアウターペーン(アクリルの窓)をキーホルダーに加工したものも「ANAコレクターズグッズ」シリーズとして公式ECサイトで販売してきました。

この取り組みは様々なことに転用できるアイディアだなと考えます!

ファンを虜にする企業資材の“キーホルダー”としての商品化戦略

ファン

今回のANAグループの取り組みで注目するべきポイントは、やはり資材の価値を改めて再認識できたところだと考えます。

通常であれば「修理不可」として廃棄される部品に、新たな価値を見出して、ファンの心をつかむグッズとして商品としたという点ですね。

廃棄するにも費用はかかるものですから、それを商品化して販売して収益化するだけでなく、ファンとの交流の機会として新たに創出した!というのがすごいなと考えます。

これはもちろん、「ANA」としてのブランド力があってからこその戦略ではありますが、インターネットの発達で情報共有のスピードか加速し、「価格」や「サービスの質」といった面だけでは競合他社と差別化が難しくなった現代において、ファンのニーズをいち早く汲み取ったこのような取り組みは、とても重要だと思います。

そして、ANAグループでも実際に取り組まれているように、「資材の一部をキーホルダー化する」というのは、どの企業においても真似しやすいアイディアです。

また、「キーホルダー」はいつでも身近に身につけられるので、「思い出」や「歴史」という側面と非常に親和性が高いです。やはりグッズ化しやすい商品だと改めて感じました。(キーホルダー最高!!)

ぜひ企業ブランディングの一環として“キーホルダー”を作ってみよう!

以上の理由から、企業のブランディング戦略として、少し変わった“キーホルダー”グッズ化戦略をお勧めしたいと思います!

私達日本キーホルダー工業は、日々多くの企業様から「キーホルダー」を中心としたオリジナルグッズの制作の依頼を請け負っています。「国内生産」「アクリルキーホルダーの価格も業界最安値」「柔軟なスタッフ対応」などが弊社でのグッズ制作の大きな魅力です。

今回の記事でご紹介したような「こんなアイディアと組み合わせたら…面白い商品ができるんじゃないか?」という面白い発想がある担当者さんは、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。その思いに全力でお答えしたいと思います!!

▼リアライズ(日本キーホルダー工業)へのお問い合わせはこちら

また「自社のオリジナルキーホルダーとしてノベルティを一度作ってみたい…!」と思っていただけたら、下記をご参照ください。

▼キーホルダーのラインナップはこちら

「キーホルダー」というノベルティでできる最強の企業プロモーション

こんにちは!日本キーホルダー工業です。

今回は、企業の広報担当者必見!「キーホルダー」というノベルティできる最強の“プロモーション”というテーマで、キーホルダーの魅了をお伝えできたらと思っています。

「何か良いノベルティは無いかな…?」とオリジナルグッズをお探しの方も、ぜひ参考にしてください(^^)

最強のプロモーションとは?

疑問

そもそも“最強のプロモーション”とは一体なんでしょうか?

「メディアミックス(複数の広告を組み合わせること)」やインターネットを利用した「ターゲティング広告」、はたまたクリエイティブに特化した「テレビCM」など…プロモーションには様々な手段や方法があります。

ただ、私は上記のどれもが本質的な回答ではない!と考えます。「最強のプロモーションとは?」に対する私の答えは「貢献する」ことです。

“貢献する”というプロモーション

貢献する

なぜ「貢献すること」がプロモーションにつながるのでしょうか?それは広告の本来のあるべき姿と同じだからです。

「広告」というのは、「世間に広く知らせること」で、その広く知らせるものはやはり届ける消費者にとって“有益”なものである必要があると思います。

「貢献すること」というのは、誰かにとって役に立つということですから、広告が本来持っている性質にとても近いと言えます。

そして「企業理念」や「経営理念」なども実は同様で、「社会貢献」するための企業活動であるという本質が存在します。これは長く続く企業ほどしっかりした理念があります。

つまり!企業のブランディングやプロモーションをするためには、“貢献する”というのはある意味必然の要素であるとも言えます。

“貢献する”「キーホルダー」プロモーションの実例

マタニティ

実際には、どんな“貢献する”プロモーションが存在するでしょうか?

▼(引用記事)妊娠中に来日した米記者 日本の「親切さが大いに役立つ」と米国に紹介したものとは?

こちらの記事でご紹介されているのがその一例です。簡単に概要を説明すると、オリンピックで来日した妊娠中の女性記者が、配布された「マタニティーマーク」のキーホルダーに感銘を受け、母国に広めたという内容です。

マタニティマークのキーホルダーを付けていたことで、「妊娠しています」と言葉にする代わりに、お腹を指差せば分かってもらえたとアメリカの記者さんはとても喜ばれたようです。

(このような「マタニティマーク」のキーホルダーは、実際に民間団体や企業などがそれぞれのデザインで販売・配布しています)

このような活動は、インターネットやSNSの普及によって、個人が発信・拡散できるようになった現代において、私はとても有効なプロモーション活動の実例だと考えます。

さらに加速しそうな「キーホルダー」プロモーション

キーホルダー

そして今を取り巻く環境は、今回のような「キーホルダー」を使ったプロモーションを加速させると予想しています。

なぜなら、コロナの影響で近距離のコミュニケーションが封じられた世の中で、言葉がなくとも「キーホルダー」のように相手に意図を伝えられる手段は有効だからです。

例えば、「ワクチン2回摂取済みです!」みたいなことは、周りからみたらどうしても分からないことですが、はっきりと主張したい(しなくちゃいけない)場面が今後出てくる可能性があると思います。

そんな時にキーホルダーなどでしっかりと意思表示ができたら…とても便利そうじゃないですか?

また、「皮膚が弱いので不織布のマスクが着けられません…」のような人も、わざわざ言葉に発するのはとても精神が滅入る状況も少なくないと思います。

そんな状況を救えるような「キーホルダー」を、企業が困っている人に対して提供するのは、企業ブランディングやプロモーション手段としても、大いにアリだと考えます。

まとめ

今回の私の主張をまとめると…“最強のプロモーション”とは「貢献する」ことで、「キーホルダー」というノベルティを活用することで、今の時代にあった企業にとって良いプロモーションができるのではないか?ということでした。

今回紹介したように、「キーホルダー」の生活での汎用性は非常に高く、企業のオリジナル「ノベルティ」としての可能性も、非常に高いと思っています。

ただ単に「企業ロゴ」や「マスコットキャラクター」デザインのキーホルダーではなく、“貢献する”ことを意識したオリジナルデザインのキーホルダーを制作してみませんか?きっと喜ばれるものになると思いますよ(^^)

私達「日本キーホルダー工業」は、様々な企業様から「オリジナルグッズ制作」のお仕事を請け負った実績があり「国内生産で安心」「価格もリーズナブル!」「柔軟な対応だ!」と大変嬉しい評価頂いております。

ぜひ本記事を読んで、「自社のオリジナルキーホルダーのノベルティを一度作ってみたい…!」と思っていただけましたら、ぜひお気軽にお問い合わせ・お見積もり依頼をお願いいたします。

★リアライズでのグッズ制作のご相談・見積もり依頼等はこちら★

「うちの会社だとデザイン作れないんだよね…」という場合も安心!弊社で全力でサポートさせていただきます。また「まずはキーホルダーのざっくりとした価格や種類を知りたい…」という方はこちらをご参照ください。

★キーホルダー製品ラインナップ★

一口に「キーホルダー」と言っても色々な種類をご用意しております。変わり種のキーホルダーもご用しておりますので、ぜひ一度ご参考までにご覧くださいませ。

それでは(^^)

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック