「野球」×「キーホルダー」〜夏の一生の思い出となったグッズ〜

こんにちは。日本キーホルダー工業です。

少し前のニュースではありますが、夏の暑い時期になるとどうしても思い出す、とても素敵な「キーホルダー」グッズのニュースなので改めて取り上げさせてください。

キーホルダー」の魅力を再認識できる内容になっているとも思います(^^)

クラスやグループなどで「思い出」のオリジナルグッズを作りたいと考えている人はぜひ参考にしてください!

世界中に広まった新型コロナウイルス感染症

ウイルス

2020年、皆さんがご存知の通り、新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大し、私たちの生活は今までとは大きく変化しました。そして感染リスクを回避するために感染が始まった当初は年代関係なく、多くの行動が制限されることとなりました。

日本のメジャースポーツの一つである野球を頑張っている甲子園球児たちもその例に漏れず、いつもであれば「春のセンバツ」から「夏の甲子園」を目指して、一生を懸ける思いで練習に打ち込む時期でしたが、感染リスクを回避するために活動を制限、そして、2020年度は夢の甲子園に挑戦するチャンスさえ与えられることはありませんでした。

球児たちを思って立ち上がったキーホルダープロジェクト!

高校球児

そんな行き場のない思いを抱えた球児たちのために、阪神甲子園球場と阪神タイガース監督チームスタッフ一同が、(公財)日本高等学校野球連盟に加盟する野球部の3年生全部員を対象に、球児たちが甲子園で闘った後に持ち帰る「甲子園の土」をキーホルダーしたグッズの贈呈を行ったのです。

「甲子園の土」キーホルダーの贈呈について(阪神タイガーズ公式サイト)

このニュースは当時メディアでもかなり取り上げられ話題になりました。全国には硬式と軟式の野球部に所属していた高校3年生が、およそ5万人もいたそうですが、その多くの心に残る素敵なプロジェクトだったと思います。

思い出に残る「キーホルダー」としてのグッズの魅力

思い出

このニュースを通じて改めて感じたのは「キーホルダー」の「思い出を保存する」という機能の素晴らしさです。

「コンパクトなサイズ」「手軽に身に付けられる」というキーホルダーの機能は、時間や場所問わず、いろんな人が思い出に浸ることができるのにとても適したグッズだと思います。

今回の「甲子園の土」キーホルダーのように、アイディア一つで多くの人の胸を打つ素晴らしいオリジナルグッズになるんだと感じ、改めてキーホルダーに携わる社員として嬉しい気持ちになりました。

我々はこのような素敵なオリジナルグッズを、世の中に1つでも多く提供できたら良いなと使命感も感じました。(知恵を絞って頑張らなければ…!!)

思い出に残る素敵なオリジナルグッズ製作をお考えなら…

キーホルダー

ぜひ「キーホルダー」を作ってみませんか?

コンパクトで配布しやすく、一体感も生まれる素敵なアイテムです(^^)

例えば、クラスやグループでの旅行の楽しかった思い出を、形にするようなオリジナルグッズにできたら、一生思い出に残る素敵なアイテムになるはずです!

我々日本キーホルダー工業では、「思い」を「カタチ」にする創作活動を応援していて、さまざまなオリジナルキーホルダーを作るための種類や素材などをご用意しております。まずはラインナップからご覧ください。

★オリジナルキーホルダーのラインナップはこちらから

既に「こんな商品が作りたいんだけど…できる?」というようなアイディアがあるようなお客様も大歓迎!ぜひお問い合わせお待ちしております(^^)

★お問い合わせはこちらから

キーホルダー通信のバックナンバーはこちらをクリック